読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

どさんこカメラ

北海道各地で撮った写真を掲載します。

「札幌でしかできない50のこと」全部行ってみた。№12雪印パーラー

※雪印パーラーは、ビル解体のため平成29年4月に移転しました。この場所に現在お店はありません。56年間札幌駅前で営業していた、お店の在りし日の姿です。

 

札幌でしかできない50のこと。全部行ってみた。

№12ロイヤルにときめく。=雪印パーラー

f:id:tamayoshi:20151008221303j:plain

今回の主役は雪印パーラーの「スノーロイヤル」っていうアイスクリーム。

 

雪印パーラーとはではパフェやアイスが食べられるお店です。

ある年齢以下には伝わらないかもしれませんがイメージ的にはカフェというよりまさに「パーラー」。 

 

まずは雪印パーラーへの行き方です。

札幌は碁盤の目になっているから、1本間違えると面倒なことになるよ。

だから地下に潜ってしまうほうがわかりやすいと思うんだけど どう?

札幌地下歩行空間に潜って、1番出口から地上に出ます。

後ろを振り向くと札幌駅があるので、札幌駅ののほうに向かって歩きます。

するとすぐこの青い看板があるよ。

f:id:tamayoshi:20151010193849j:plain

 

 

まず目に飛び込むのがこのショーウィンドウ。

雪印パーラーといえばこれです。名物ジャンボパフェ。

f:id:tamayoshi:20151010194110j:plain

左の大きなアイスクリームタワーは90,520円

右上の悪魔的なキャラクターがついた「パラゴン」は7,360円!

皆で食べれば旅の思い出にはなるかもね?

ジャンボパフェの効果なのか、雪印パーラーは観光客や修学旅行生の御用達のお店なのです。

 

お店の2階はカフェスペースですが、

1階はお土産屋さんになっております。

f:id:tamayoshi:20151010194816j:plain

特に珍しいお土産はありませんでした。

 

 

 

2階がカフェです。

平日に行ったせいか、地元のおばちゃん>観光客って感じだったよ。

f:id:tamayoshi:20151010202209j:plain

 店内は割とすいてました。

 

さて、本題。「札幌でしかできない50のこと」で紹介されている「スノーロイヤル」とは?

天皇・皇后両陛下が札幌にいらっしゃることになり、宮内庁からじきじきに「最高のアイスクリームをつくるように」という依頼があったらしいよ。

これを受けた雪印パーラーは2年の試作のすえ、「スノーロイヤル」という最高のアイスを生み出したんだって。昭和43年のことです。

スノーロイヤルはアイス単体と、スノーロイヤルのアイスを使ったパフェがあるんだけど、

せっかくだからパフェにしてみました。

f:id:tamayoshi:20151010202537j:plain

2年もかけて作ったスノーロイヤル。

お味は・・・・・

 

 

 

 

 

 

甘い・・・・。

 ここは人の好みによると思いますが。甘かった。

昭和の世と違って、甘味にあふれたこの時代に生まれた僕にはちょっとくどい甘さ。

しかし乳成分の配合にこだわっているだけあって、アイスのコクや滑らかさは抜群。くちどけなめらかでお上品。

 

パフェよりアイスクリーム単体で注文した方がちょうどいい量かも。

 

f:id:tamayoshi:20170410201951j:plain

 ジャンボパフェのイメージもあって修学旅行生御用達のイメージだった雪印パーラ。

そんな高貴なアイスがあるとは存じ上げなかったなあ。

ちょっぴり ロイヤルな気分になれた。

 

 

 

 

✳✳✳

「札幌でしかできない50のこと」残り49個はこちらからどうぞ

dosanko-camera.hatenablog.com