読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

どさんこカメラ

北海道各地で撮った写真を掲載します。

「札幌でしかできない50のこと」全部行ってみた。№47レトロスペース坂会館

どさんこカメラが

「札幌でしかできない50のこと」 全部行ってみたよ。

№47サブカル資料館で迷う。=レトロスペース坂会館

 

札幌にある菓子メーカー「坂栄養食品」。

その隣にあるのがここ、「レトロスペース坂会館」なる秘密のスポットです。

f:id:tamayoshi:20160125202934j:plain

 

「坂栄養食品」は北海道ではおなじみのお菓子「しおA字フライ」や「ラインサンド」を作っているビスケットやさん。

しおA字フライはその名の通り塩味のついたビスケット。アルファベットの形をしていて、これを並べて英単語をつくったりすると手がべたべたになる。

道民なら一度は見たことがあるはず。

f:id:tamayoshi:20160125204231j:plain

 

そんなビスケット工場の隣には、坂館長が30年以上かけて集めたいろんなものが展示されている私設資料館があるのです。

窓から人形が何体もこちらを覗いていて、すでに怪しげ。

f:id:tamayoshi:20160125205923j:plain

 

 

入館料は無料ですよ。

f:id:tamayoshi:20160125210400j:plain

 

中に入ると・・さっそくお見せできないものが陳列されています。

お見せできなくて残念です。

f:id:tamayoshi:20160125210652j:plain

ただ、坂会館はそういったモノがメインではないことは最初に書いておきましょう。

とりあえずお見せできる写真を貼っていきます。

 

昔の注射器と謎の小瓶。

f:id:tamayoshi:20160125211134j:plain

昔の家庭薬。

f:id:tamayoshi:20160125211247j:plain

 

館内にマネキンの頭が何個か登場するが、ノーマルな頭はない。

f:id:tamayoshi:20160125211405j:plain

 

 

価値のありそうなものもあれば・・

f:id:tamayoshi:20160125212302j:plain

 

人から見ればゴミ同然のものもある。

昔の使いかけの洗剤。

f:id:tamayoshi:20160125212516j:plain

 

さっぽろ雪まつりの歴代記念バッジ。

集めたくなる気持ちがわからなくもない。

f:id:tamayoshi:20160125213426j:plain

 

若きリンダと使いかけの試供香水。

ディスプレイの仕方が絶妙。

f:id:tamayoshi:20160125214606j:plain

 

割と最近のモノもあったり。展示物の時系列もテーマもバラバラ。

f:id:tamayoshi:20160125214826j:plain

 

今は亡き「たくぎん」こと、北海道拓殖銀行のアイテム。なつかしー・・

 

f:id:tamayoshi:20160125215251j:plain

f:id:tamayoshi:20160125215018j:plain

 

個人的に気に入った鹿。こんな使い方されると思わなかったろうね。

なんか顔が嬉しそう。

f:id:tamayoshi:20160125215659j:plain

 

黒いリボンのかかった、おそらく「最近世を去ったスターを偲ぶ」コーナー。

上半身は諸般の事情で写せないが、きれいな足は川島なお美さん。

ボウイもいるし、割とタイムリーに更新されているのかも。

f:id:tamayoshi:20160125220415j:plain

 

 

f:id:tamayoshi:20160125221527j:plain

f:id:tamayoshi:20160125221736j:plain

f:id:tamayoshi:20160125222617j:plain

 

ごちゃごちゃした怪しげな物の中にぽつんと、自分にとっての懐かしいものなんかが突然目に入る。という楽しさがある。

f:id:tamayoshi:20160125222007j:plain

 

館長のブロマイド、あります。

f:id:tamayoshi:20160125223417j:plain

 

奥には売店もあるよ。試食。

試食の容器すら怪しく見えてくる。

f:id:tamayoshi:20160125222913j:plain

「SAKA手焼きクッキー」はここでしか買えない。おいしかったよ。

f:id:tamayoshi:20160125223220j:plain

チョコチップ

f:id:tamayoshi:20160125223034j:plain

 

これがラインサンド。

f:id:tamayoshi:20160125223736j:plain

ラインをつくって遊びました。

f:id:tamayoshi:20160125223627j:plain

 

館内にはお見せするのをはばかられるモノがたくさんありますが、いずれもちょっと懐かしく、お茶目な感じです。その辺のニュアンスがわかる方と一緒に行くと楽しいと思います。

 

◇お見せできなかったもの

籠に入ったリカちゃ〇人形と館長の写真、お姉さんのセクシー写真、ランジェリー、マッチ、怖くて写真が撮れなかった大量の日本人形。(ほんとに怖い)

◇懐かしかったもの

おきあがりこぼし。亡くなった祖父が同じものを集めていた

富士ファインピクスの藤原紀香等身大看板。

連結できるプラスチックの小さい車のおもちゃ、後ろに消しゴムのついてる鉛筆

缶のふでばこ、プラスチックの箸入れ。

 

ある程度の年齢になれば、懐かしいものにふれる場所と言うのは減っていくんじゃないでしょうか。そして忘れちゃうんだね。

懐かしいものは見た瞬間にほかの情報も大量に思い出されるから不思議だよね。

それがあった風景や関連する人々の顔。におい。

 

新しい物ばかりがあふれかえる日常で、美術品でも、骨董品でもない。懐かしいものに出会う場所っていうのは貴重なのかも。

ぜひ自分の目でお確かめ下さい。