読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

どさんこカメラ

北海道各地で撮った写真を掲載します。

「札幌でしかできない50のこと」全部行ってみた。№39HABANA

どさんこカメラが「札幌でしかできない50のこと」全部行ってみたよ。

№39札幌のキューバに行く。=HABANA

f:id:tamayoshi:20160224223008j:plain

39番目に御紹介するのは、狸小路6丁目にある「HABANA(ハバナ)」。キューバ料理専門店です。

キューバって聞いて何を思い浮かべますか?

ゲバラ、葉巻・・ペソ・・・?くらい。ましてやキューバ料理なんてピンとこないのでちょっと楽しみです。

狸小路のアーケードの上には各お店の看板が出ているので、この看板を探してね。出入り口のすぐ近くにあるよ。

f:id:tamayoshi:20160224223834j:plain

キューバの国旗を模した青いドアが目印です。

f:id:tamayoshi:20160224223435j:plain

店内に入ると聞こえてくる、ノリノリのおっさんの歌声と打楽器のリズム。ラテンミュージックが流れる別世界でした。ここは本当に札幌なのか・・・。内装も中南米っぽい。

f:id:tamayoshi:20160224122538j:plain

カウンター席もあってお酒も楽しめます。階段を上がるとダンススペースがあるんだって!

f:id:tamayoshi:20160224221904j:plain

ダンスといっても、もちろんサルサダンスのことです。ここはキューバなんだから。

ここではサルサダンス教室も開かれているんです。

f:id:tamayoshi:20160224122359j:plain

f:id:tamayoshi:20160224121938j:plain

楽しいラテンミュージックを聞きながら料理を待っていると、突然隣の常連さんらしき方がステップをふみだしました。そうか・・踊りだしてもいいんだね!

 

お料理は陽気なキューバ人シェフが作っているそう。

おつまみ系からごはん系までそろっています。

f:id:tamayoshi:20160224222136j:plain

中には何がはいってるのかな。一口かじると・・辛!

でもうまい。辛い。

チーズが入っていて、ソースもピリ辛。何て名前の料理かよくわからないけど辛くてうまい。やみつき。

f:id:tamayoshi:20160224222030j:plain

 

プレート料理。「豆ごはん」と書いてありました。キューバでは豆をよく食べるそうです。なんというか、もちゃもちゃして初めての食感です。柔らかくなった豆がいいアクセントになっています。

「豆ごはん」の下にある茶色のは「揚げバナナ」

f:id:tamayoshi:20160224222341j:plain

バナナチップスが苦手なので揚げバナナも似たようなもんかな、と思って食べたら全然違ったよ。イモみたいでおいしい。全然甘くない。

お肉は「モホソース」で味付け。モホソース??

モホソースはキューバでは一般的な調味料で、ニンニクや香辛料、果汁などを合わせたものらしいです。スパイシーだけど果汁の酸味があっておいしい。初めて食べる味でした。

 

チキンタコス。大きい。

f:id:tamayoshi:20160224222722j:plain

料理は全体的にピリ辛。このお肉の味付がおいしくて、大きいけどガブガブ食べ進められる感じ。

f:id:tamayoshi:20160224223239j:plain

 

そして本場のモヒート。

f:id:tamayoshi:20160224221745j:plain

モヒートはキューバが発祥の地なんだって。

実は、既製品の「モヒート味」のお酒しか飲んだこと無かったんだけど、全然違うんだね・・。味は似てるけど。

わりと甘めだけど後味すっきり。爽やかなカクテル。あたりまえだけど、こっちのほうがおいしい。はじめてモヒートを飲んだ気分。

 

本物のミント。

f:id:tamayoshi:20160224222854j:plain

 

 エスニック料理やらネパール料理やら、知らない世界の料理がだいぶ生活圏に入ってきましたが、キューバって選択肢はなかったよ。初めての味尽くしで楽しかった。

ごちそうさまでした。