読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

どさんこカメラ

北海道各地で撮った写真を掲載します。

北大植物園・博物館に行ってみた。

 北海道大学植物園・博物館に行ってみたよ。

「北大の植物園」と呼ばれ親しまれているこのばしょ。
豊かな植物園の中にレトロな博物館がそびえる都会のオアシスです。

f:id:tamayoshi:20160816194926j:plain

え?植物園のとこに博物館なんかあったけ?と思う方もいるかもしれないけど、

最近リニューアルした「北大総合博物館」とは別物。

 

今回行ったのは植物園の中にある、明治期に創立された歴史ある博物館。「元祖北大博物館」といってもいいかもしれません。

 

かつては「北大の博物館」といったら植物園のあるほうを指していたんだけど、

1999年に北大総合博物館が誕生してからは、北大の博物館が2か所で来てしまったわけでもうなんだかわからない。

一応、古いほうの博物館は植物園に併合されて「北海道大学北方生物圏フィ-ルド科学センタ-」って名前になったんだけどね。

長ーいので、以下植物園。

 

 

 植物園の中は有料。「みどりの日」だけ無料になります。

f:id:tamayoshi:20160816195330j:plain

さっきまで街にいたのに森の中に来たふしぎ。

 

 

 

 

 

f:id:tamayoshi:20160816195505j:plain

札幌で最古のライラックの木。ライラックは札幌市の木。

1890年ころアメリカからやってきた。

 

 

 

 

 

 

ここが博物館。この建物自体も重要文化財なんだ。

博物館ができたのは植物園より古くって、1877年のこと。

日本最古の現役博物館だよ。

f:id:tamayoshi:20160816194046j:plain

 

 展示ケースと建物が一体になってるのが特徴。

f:id:tamayoshi:20160816192540j:plain

正面に見えるのは博物館のシンボルともいえるヒグマのはく製。

 

f:id:tamayoshi:20160816191644j:plain

でかい。1890年に牧場を襲い、手稲駅辺りで駆除された。

牧場を襲ったばかりに120年以上も保管されると思わなかったろうね・・。

 

f:id:tamayoshi:20160816191557j:plain

はく製って作る人によって表情が違うんだけど、このヒグマはちょっとおとぼけのような、チャーミングな感じ。

三毛別の資料館のヒグマは怖かったな・・

f:id:tamayoshi:20160816195736j:plain

 

 

鳩、カラス、ふくろうなどの鳥類、

日本オオカミ、トド、アザラシ・・・館内は剥製、もとい標本だらけです。

そのほとんどがものすごい年月を経過しているらしく、ちょっとした威圧感を感じるのは自分だけでしょうか。

標本に見つめられながら歩いていると、優し気なまなざしが。

 

タロ。

f:id:tamayoshi:20160815230441j:plain

「南極物語」で有名な、タロとジロのタロです。

タロは南極から生還してからは、老衰で亡くなるまで10年近くこの博物館で暮らしていたんだって。知らなかった。

南極で一緒にいたジロの標本は東京の博物館にあるよ。

南極物語 Blu-ray

南極物語 Blu-ray

 

 

ヒグマの骨格標本。指が5本あるんだな。

 f:id:tamayoshi:20160816191508j:plain

 

この博物館では開拓民3名死亡、2名が負傷した「札幌丘珠事件」を起こしたヒグマの胃の内容物もその昔展示されていたんだ。

かつてそれは明治天皇もご覧になったんだけど、今は毛皮と共に収蔵庫のどこかに眠っている。

博物館の意義もだんだん変わってきたんだね。

 

 

玄関ポーチがおしゃれ。

f:id:tamayoshi:20160816214314j:plain

 

 

 

 

 

 

 こちらはジョン・バチェラーさんち。中は入れません。

f:id:tamayoshi:20160816194214j:plain

バチェラーは宣教師で、特にアイヌに熱心に布教したんだ。

アイヌ語で新約聖書を翻訳したんだって。

 

アイヌといったらここに来なくちゃね。

北方民族資料室。

f:id:tamayoshi:20160816203314j:plain

ここで見たかったのはイオマンテ(クマ送り)の映像資料。

イオマンテは1955年に野蛮な行為として道から禁止されたんだ。(2007年に撤回)

他にはアイヌの生活道具やお祭りの道具が展示されてるよ。

 

 

ここはただの藪に見えるけどじつはすごい「自然林」。 f:id:tamayoshi:20160816194833j:plain

植物園ができた明治中期からほとんど手を加えていないエリアなんだって。

札幌の街のど真ん中にこんな場所があったんだね。

 

 他にも行きたい場所があったんだけど道に迷ったよね。植物園広い・・。

途中誰とも会わなくてちょっと焦りました。

よく見ると外回りコース2時間の文字。なめてたなー。f:id:tamayoshi:20160815225941j:plain

f:id:tamayoshi:20160816195213j:plainf:id:tamayoshi:20160816194709j:plain

f:id:tamayoshi:20160816195909j:plain

 

f:id:tamayoshi:20160816222444j:plain

園内にはカラスがたくさんいます。道の横にずらりと。

ビニール袋を持たないように、カラスの子育て期は注意が必要。

f:id:tamayoshi:20160815230339j:plain

目を合わさないように・・・

チラ見すると勝手に遊んでいた。

f:id:tamayoshi:20160815230158j:plain

 

 

あとキツネも出るので注意です。

f:id:tamayoshi:20160815230101j:plain

 

 

 

 

 退場

f:id:tamayoshi:20160815225902j:plain

一日じゃ周り切れなかった・・

420円でこんなに楽しめるとは。またいこー。