読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

どさんこカメラ

北海道各地で撮った写真を掲載します。

道産子の基礎知識。イクラの醤油漬けの作り方

秋です。手作りイクラをどばどばご飯にかける季節です。

 

観光地に行けば3,000円はくだらないというイクラ丼。

 ですが、北海道では秋になると自家製イクラを作って食べるとこが多いです。

それぞれご家庭の味があると思いますが、今回ご紹介するのはちょっと薄めの味付け。備忘録的に書いておきます。

 

 ①まずは筋子を買ってきましょう。

f:id:tamayoshi:20160918211926j:plain

アニーがいないかスーパーの人もチェックしていますが、自分でもじっくりチェックしよう。

 

 

②鍋にお湯を沸かします。

お風呂より熱い温度になったら、火を止めてボウルにお湯を移します。

筋子をボウルにぽちゃんと入れます。

f:id:tamayoshi:20160918212115j:plain

 

箸でまぜまぜしながら粒をほぐしていきます。

f:id:tamayoshi:20160922155340j:plain

 

そのうちこんなグロいものが残って、粒は全部ほぐれます。

f:id:tamayoshi:20160918212158j:plain

お湯でやると早くほぐれるけど若干皮が固くなります。柔らかいのがいい人は塩を加えた冷水でほぐそう。

 

 

③ほぐれた粒たちをザルに移します。

水を代えながらいっぱい洗います。時々塩を入れるのも忘れずに。

f:id:tamayoshi:20160918212340j:plain

粒にはまだ皮がついてるので、しつこいくらい洗います。

皮は生臭さの原因になるからね。

 

こんな風にふよふよ皮が取れます。

f:id:tamayoshi:20160918212443j:plain

 

④ラップをして1時間ほど水切りします。

f:id:tamayoshi:20160918212016j:plain

 

 

 

⑤清潔な瓶なんかに移して味付けします。

今回は

塩(筋子の重さの0.5パーセント)、醤油(大匙1強)、酒(大匙1)。

f:id:tamayoshi:20160918212550j:plain

ね。きれいだね。

一晩おいたら食べ始められます。味見して味付けを微調整してね。