どさんこカメラ

北海道各地で撮った写真を掲載します。

北海道のチョコレートを巡る旅「オホーツクショコラッティエ」

今回頂いたのは、美幌町にあるチョコレート屋さん「オホーツクショコラッティエ」のチョコレート。

店名の通り、チョコレート屋さんのある美幌町は、オホーツク海から数十キロ。北海道の右側。

ハッカで有名な北見市や、雲海が美しい津別町に隣接する人口2万人ほどの町です。

 

 

赤い箱と、

f:id:tamayoshi:20160930195230j:plain

 

青い箱。カリグラフィーっぽいロゴがおしゃれですね。

f:id:tamayoshi:20160930194733j:plain

 

 

まずは、赤い箱を開封。

チョコレートの詰め合わせ「オーロラの雫」。

f:id:tamayoshi:20160930195107j:plain

 

それぞれの味の説明書きが添えてあった。こういうのって意外と大事です。

f:id:tamayoshi:20160930195005j:plain

 

真ん中がスミレの花びらショコラ。その両側がホオズキのトリュフです。

f:id:tamayoshi:20160930195149j:plain

ここのチョコの面白いところは、カカオと掛け合わせる材料のこだわり。

オホーツク地方産のサクランボや大豆を使用したチョコレートもあります。

めずらしいホオズキショコラのホオズキは、美幌町の無農薬栽培のものを使用しているそう。

食用ホオズキの主な産地は東北や長野県で、北海道内で生産してるところは多くない。しかし軽くて高齢者でも栽培しやすいということで、近年北海道で生産する農家が増えています。

 

チョコの中にまるっとホオズキ。たっぷりお酒を吸い込んでジューシー。

f:id:tamayoshi:20161009223032j:plain

ちなみに観賞用のホオズキは毒性があるので食べちゃだめだよ。

 

 

 

次は青い箱。

「オーロラの雫 クール」。美幌町産のミントが入ったチョコ。

f:id:tamayoshi:20160930194757j:plain

中には個包装で入っています

f:id:tamayoshi:20160930194834j:plain

 

ミントはきつくなく、いかにもミントという嘘くささもありません。

程よい爽やかさ。食感がしゃりしゃり。

f:id:tamayoshi:20160930194905j:plain

甘味料は歯に優しいキシリトールを使っているんだって。

というのもこのお店が始まったきっかけは、美幌町の歯医者さんが、留学先でおいしいホオズキを見つけたから。何か自分の町に海外の農産物を紹介できないかなあ。と思ったところにフルーツホオズキと出会ったんだって。

だから美幌町にホオズキ栽培を定着させるきっかけにもなったんだ。

チョコレート工房は歯医者さんの横にあるよ。

 

 

 

 

他のチョコのパンフレット。きれいだね。

f:id:tamayoshi:20160930195036j:plain

 地域の特産品を使った商品にがっかりするものが多い中、このチョコレートは食材との掛け合わせが上手。珍しさも美味しさも両立するのは大事。

 

そうそう。北海道以外では、渋谷東急百貨店のイベント「錦裳会」にもちょくちょく出ているみたい。道外の人もチェックしてみてね。