読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

どさんこカメラ

北海道各地で撮った写真を掲載します。

札幌「ありんこ」で手作りおにぎりを食べる。

おにぎりのありんこ

「ありんこ」は札幌市内に6店舗を構える、手作りおにぎりの店。

設立は1978年で、最初のお店が3坪しかなく、せわしないく働く従業員が‟あり”のようだったのでこの名前になったそう。

 

ありんこJR札幌店。東改札口のサツエキイート内にあります。

f:id:tamayoshi:20161113180715j:plain

テイクアウトだけではなくイートインスペースもある。

 

 

こちらはオーロラタウン店。

f:id:tamayoshi:20161113181813j:plain

ここにもイートインスペースがあります。座席数は多くないので、土日は座れる確率が低いでしょう。

他に4丁目プラザ、マルヤマクラスなど非常にアクセスの良い場所に店舗を構えています。そのため仕事帰りの人や学生、買い物客など、幅広い客層に支持されるおにぎり屋なのです。

 

 

おすすめの味

みなさんお好きな味を頼めばいいんじゃないでしょうか・・。情報としてお伝えするならば、とりあえず「チーズかつお」は、ありんこ人気№1の人気商品。

あ、どさんこカメラが好きなのは「すじこ」です。

こちら。

f:id:tamayoshi:20161113181938j:plain

 

せっかくなので切ってみましょう。

f:id:tamayoshi:20161113182016j:plain

サイコロ状のチーズがたっぷり入っています。

想像通りの味ですが、この味が時々食べたくなるから不思議。

 

こちらは「すじこ」

f:id:tamayoshi:20161113182122j:plain

すじことご飯がからみあってジューシー。これが一番好き。

問題があるとするなら、すじこおにぎりは高い

1個580円してしまうんだよね。

ちなみにチーズかつおは230円。ほとんどの味は180円~230円なので安心してね。

個人的には、ありんこのおにぎりって海産物系の具が結構豊富なんじゃないかと思うんだよね。他にはたらこ、めんたいこ、しそなんばん、かつおなどなど。

平日限定で五目おにぎりもあるよ。

店舗や期間限定でこんな感じに

f:id:tamayoshi:20161113181838j:plain

限定の具材が時々登場するんだよ。

 

プラス30円で好きな味のミックスもできちゃうよ。

 

 

 

おにぎりの注文方法

カウンターでお好きな具をチョイスしたら、おねえさんに注文。

大きさは「ジャンボ」にすることもできます。

レギュラーサイズでもコンビニのおにぎりより大きめなんだけど、さらに大きいジャンボサイズ。具によって値段は違うけど、だいたい100円増でジャンボおにぎりが食べられるんだ。

その場で握っているから、「塩加減」「海苔あり・なし」「硬さ」なんかも注文時に伝えれば聞いてくれるよ。

 

お会計を済ませたら番号札を渡されるから、出来上がりをまつ。にぎにぎ。

 

おいしいおにぎりが来る。

って感じ

おにぎりのおとも「おかず」もあり。卵焼きやつけものなどなど。飲み物も。

f:id:tamayoshi:20161113181916j:plain

なぜかタングロンも並んでいます。

 

天然酵素保健飲料 タングロン(90ml×4本)6パックセット

おすすめなのはおにぎりと豚汁(270円)or味噌汁(140円)ですね。

おにぎりが大きめなので割とおなかが満たされます。

一人で行動していてさっさとご飯を済ませたい時、おにぎりでいいんだけどコンビニで買ってそこらで食べるのはちょっと・・・、飲んだ後の〆が欲しい。

そんな皆の為のありんこです。

 

おにぎりと汁物で500円以内に収まってしまうから財布にも優しい。

すじこさえ頼まなければね。