読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

どさんこカメラ

北海道各地で撮った写真を掲載します。

「札幌でしかできない50のこと」全部行ってみた。№23みよしの

どさんこカメラが札幌でしかできない50のこと全部行ってみたよ。

№23=みよしのぎょうざ

 

 

安くてお腹も満足。札幌市民のソウルフード、「みよしのぎょうざ」。

札幌市内各地にお店がありますが、
大正時代、狸小路に開店した大衆食堂が発祥ということなので、狸小路店に行ってきました。

f:id:tamayoshi:20161122191915j:plain

こちらのこじんまりしたお店が狸小路店。赤い看板が目印です。

f:id:tamayoshi:20161122192223j:plain

店内もぎゅっとしています。カウンター風の席と、U字型で他のお客さんと向い合せに座る変わった席があります。平日でも休憩中のサラリーマンや仕事帰りのおばさまでにぎわっています。

 

 

 

ボリューム満点で470円という「みよしのセット」を注文。

f:id:tamayoshi:20161122194059j:plain

餃子に添えられるのはラーメンでもチャーハンでもありません。

 

カレーライスです。

f:id:tamayoshi:20161122191539j:plain

餃子にカレーが付くというのが「みよしの」の特徴です。いやカレーに餃子がついてるのかな。

もはや餃子の店なのかカレーの店なのかわかりません。

 

 

f:id:tamayoshi:20161122191210j:plain


餃子はおもったよりジューシー。
カレーに大きな具はありませんが、ひき肉がつぶつぶしておいしいです。
ルーは辛口と甘口が選べますが、スパイシーな辛口がおススメ。

 

f:id:tamayoshi:20161122192057j:plain

他のメニュー。いずれも1000円以内。
今回食べた「みよしのセット」のほかに人気なのは、カレーの上に餃子が乗った「餃子カレー」。定番のノーマルなカレー「みよしのカレー」にチーズをトッピングするお客さんも多いです。


道内各地にみよしのはありますが、直営店は札幌市内のみ。札幌以外の店舗は、別企業が経営しているフランチャイズ店だそう。

 

 

f:id:tamayoshi:20161122192350j:plain

食後のあめ。昔はガムでした。

 


ここの餃子は、チルド商品「みよしのチルド餃子」として北海道内のスーパーで販売されています。

 

 

90年代には牛丼店などの進出、近年は札幌にも「餃子の王将」が出店したこともあって、外食チェーンのバリエーションは豊かになった札幌。

でもカレーと餃子を一緒に食べられる店は、きっとみよしのだけ。