読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

どさんこカメラ

北海道各地で撮った写真を掲載します。

「たくんち」って誰んち?

札幌市月寒にあるこの建物には、こんな看板がついてた。

『旧たくんち』

f:id:tamayoshi:20170104190606j:plain

これがたくんち。たくんち、たくん家。

たく君の家。

なんで「旧」たくんちかというと、今は喫茶店になっているから。

じゃあ、たく君はどこに行ったんだろう。

 

今たくんちの中は、サッポロ珈琲館の月寒支店として営業しています。

1階は商品売場。2階がカフェになってるからコーヒーを飲もう。

f:id:tamayoshi:20170104192145j:plain

寒いのでアイリッシュコーヒーを頂きました。

 

ふと見渡すと、店内はコンクリートだらけだ。あれ?さっき外から見た感じは木造だったけど・・

f:id:tamayoshi:20170104192856j:plain

「たくんち」は木造と見せかけて、実は鉄筋コンクリート造りの3階建てなんだって。

外側に木の壁を作って、木造風になってるんだねえ。

f:id:tamayoshi:20170104193131j:plain

バルコニー。どうやらここは玄関の真上らしい。

f:id:tamayoshi:20170104190606j:plain

外側からみるとわかりにくいけど、実は3階建て。せっかくなので階段を登って3階へ。

 

子どものころ遊びに行った友達の家みたいな、薄くて急な階段。

増築しました。みたいな。

f:id:tamayoshi:20170104194104j:plain

 

2階。とても天井が低い。狭いとこ好きは落ち着く。

f:id:tamayoshi:20170104193648j:plain

 

また階段が・・とおもったら行き止まり。なんだこれ。

f:id:tamayoshi:20170104194421j:plain

秘密基地みたいで面白かったので今度は1階に降りてみます。

f:id:tamayoshi:20170104194026j:plain

1階にはトイレがありました。

f:id:tamayoshi:20170104194014j:plain

お会計をして反対側の階段から1階におりると、さっきのトイレが無い・・。あれ??

 

この家の構造はどうなっているだろ。設計図を見れたらかなり面白そうだね。

この「たくんち」を設計したのは、札幌市出身の建築家 倉本龍彦氏。

彼の他の建築作品

「おじさん家」
「おばさん家」
「山彦さん家」
「海彦さん家」

名前を聞いただけでどんな家だか見たくなるね・・。

ちなみにニセコにある「ばあちゃん家」は彼の作品のなかでも有名。

ばあちゃん家は、なんと斜め45度に傾いた家が地面に突き刺さるように建てられています。これは倉本氏がご両親のために建てたんだそう。

しかも、ばあちゃん家の設計図はパリのポンピドー国立芸術文化センターに永久収蔵されたというからすごいです。

あと、革製品のソメスサドルのおしゃれな工場。あれも彼がデザインしたんだって。

大改造!!劇的ビフォーアフターにも出てたらしい。

 

さて肝心の「たくんち」ですが、倉本氏の息子さん、倉本琢(たく)さんの名前が由来だそうです。ちなみに倉本琢さんも建築家。

 

というわけで、旧たくんちは旧琢さん家でした。