読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

どさんこカメラ

北海道各地で撮った写真を掲載します。

ゴールデンカムイと手塚治虫「シュマリ」

最近、集英社の「ゴールデンカムイ」というマンガが流行ったおかげで、アイヌに関する情報が発信される場が増えてるみたいですね。

 

ゴールデンカムイ

ゴールデンカムイ 1 (ヤングジャンプコミックスDIGITAL)

ゴールデンカムイ 1 (ヤングジャンプコミックスDIGITAL)

 

ゴールデンカムイは週刊ヤングジャンプで2014年から連載が始まったマンガです。

 

舞台は明治後期の北海道。和人に対抗する資金源とするため、密かに砂金を集めていたアイヌ達。しかし砂金の輸送をしていたアイヌが何者かに殺害され、砂金が奪われます。

犯人は、監獄で埋蔵金の在りかを示す暗号図を他の囚人達の体に入れ墨として残し、

入れ墨をされた脱獄犯24名は脱獄。黄金の在りかを巡って、主人公達や囚人が争奪戦を繰り広げる・・。というお話です。

 

青年漫画らしい冒険譚に日露戦争、新撰組、土方歳三・・という堪らない組み合わせ。かわいいアシㇼパが一見ギャグをかましているんだけど、読者のほうは四角四面の教科書よりそこからアイヌ文化を知ったりするんだよね。興味のある人はご覧ください。

 

さてここで、あれ?なんかこの話どこかで聞いたことある・・と思った方がいるでしょう。

 

囚人・・入れ墨・・・

!!

プリズンブレイク!!

プリズン・ブレイク シーズン1 (SEASONSコンパクト・ボックス) [DVD]

プリズン・ブレイク シーズン1 (SEASONSコンパクト・ボックス) [DVD]

 

 違います。古いし。

 

 

 

 

 

アイヌ・・隠された黄金・・土方歳三・・

そう、手塚治虫「シュマリ」ですよ。

手塚治虫「シュマリ」

「シュマリ」もアイヌが隠した黄金と、それを狙う強欲な人々のお話。

両マンガとも北海道を舞台に、アイヌが隠した砂金、実は生きていた土方歳三・・などいくつか共通するトピックスを持っています。

ただ、全体的なストーリーの系統としては全く別物です。ゴールデンカムイはゴールデンカムイ、シュマリはシュマリ。インスピレーションを与えた。という程度には言っていいかな?

 

ゴールデンカムイはギャグも多くて楽し気ですが、

「シュマリ」はどんなお話かというと、もうどろどろ。あらゆる欲望、金、暴力、血しぶき!

 

まずゴールデンカムイと違い、「シュマリ」では黄金はあくまでも主人公の人生の1エピソードで、目的ではありません。

シュマリは江戸で侍をしていましたが、アイヌの長から「シュマリ(狐)」という名前をもらって北海道で生きていきます。

北海道の原野を旅する目的は、黄金とか冒険とかカッコいいものではなく「他の男と逃げた妻を探す」という泥臭いもの。

 

妻に捨てられたにもかかわらず、シュマリはこの妻をどうしようもなく愛してて忘れられないんだから困った野郎だ。

粗暴だけど決心は固く、好きなものは好き、守ると決めたものは守る。シュマリは善人ではないけど良い面もある。この漫画に出てくるのはそんな善悪混合の人間味あふれたキャラばかりです。

先述の砂金の話と復讐劇はあっさり終わり、そこから芋づる方式でどろどろ引っ張られるのは人間の欲の数々。いや裏を返せば、愛と欲の間にある線はよく見るとグラデーション。

これを読んでる読者は、主人公や、その対極にいる財閥のライバル、妻たち、どちらが良いとも悪いとも、きっと言えないはず。悪いとわかっていても情にほだされる女、自分の弱さを、他人を支配することで隠す男。好きだけど憎い。諦めと紙一重の母性。

そんな人間ドラマを壮大なスケールで描いているのがこの作品です。

蝦夷地が北海道にとって代わり、境界線の無いアイヌモシリに地名がつけられる。歴史の過渡期に、望まずとも過去に追いやられていくもの。ヒーローでも何でもない主人公も、侍が不要となった時代に落ちぶれ消えてゆく、無力な一個人に過ぎません。

でもシュマリはどんな時代が来ても、誰のいう事も聞かず自分の生きたいように生きていきます。

それが幸せなのかは別として。

 

 

 

シュマリは今読むと、それはないでしょ!とつっこみたくなる点もあります。多少不快に感じる点もあるかもしれませんが、そこは連載されたのが70年代という時代背景を考えないといけませんね・・。

 鉄腕アトム、ジャングル大帝を描いた「マンガの天才」といわれる手塚治虫だけど、そのマンガは結構精神的に重たい話が多かったりする。だから僕は体調の良くない時は読まないようにしてるもの。

シュマリ 1

シュマリ 1

 

 

アイヌが登場する数少ないマンガ、新旧2点でした。ゴールデンカムイを皮切りに、これからは創作物のテーマとして敷居が低くなるといいね。