読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

どさんこカメラ

北海道各地で撮った写真を掲載します。

「札幌でしかできない50のこと」全部行ってみた。№41.36号線

どさんこカメラが札幌でしかできない50のこと全部行ってみたよ。

 

 №41出会いに集中する。=アンティークショップ36号線

f:id:tamayoshi:20170405222011j:plain

さて今回の主役はこちらの、ちょっと怪しい雰囲気のお店。

 

ここは「36号線」というアンティークショップ。

30年ほど前から札幌で営業しているから、中堅どころといってもいいかもしれない。

 

その名の通り、国道36号線にお店が面している。

余談になるけど36号線は札幌~室蘭間を結ぶ国道で、道民は「さぶろく」と呼ぶ。この店を経営している会社はサブロク株式会社というらしい。

f:id:tamayoshi:20170405221941j:plain

店の前まで進出するモノたち。怪しいけどこれはなんなの?と、店の前に立ち止まる人は多い。

 

 

はいってみる。

家具から置物、ランプや看板まで、古道具がぎっしりしていた。

実は素敵空間。

f:id:tamayoshi:20170405222009j:plain

 

 

同じ「50のこと」シリーズでいった坂ビスケットのレトロスペースを思い出した。

dosanko-camera.hatenablog.com

レトロスペースは価値の在るもの無いもの、ごちゃまぜになっていてカオスだった(そこが良いんだけどね)。

36号線に置いてあるものは、これ高いかも。ってオーラを出しているモノがちらほら。

似て非なるとはこの事。 

f:id:tamayoshi:20170409200624j:plain

 

 

 

 

しっぽがかわいいねずみ。結構大きい。 

f:id:tamayoshi:20170405221949j:plain

 

f:id:tamayoshi:20170405221934j:plain

 

 

f:id:tamayoshi:20170405221930j:plain

 

「人形印」のマッチ。熨斗が付いたままのものも。

f:id:tamayoshi:20170405221931j:plain

 

看板は後付けなのか。元から一緒ならこのおじさんは一体。

f:id:tamayoshi:20170405222013j:plain

 

 

 

僕にお金と骨董を飾るような立派な部屋があったなら、これが欲しいと思いました。

木彫りの熊。

f:id:tamayoshi:20170405221954j:plain

優しげな表情と毛並みの柔らかさがとても好き。木の色も良いし。

とても気軽に買える値段ではなかったけど。

 

 

別アングルからどうぞ。

f:id:tamayoshi:20170405221944j:plain

いいね。

 

 

 

ここに映っているものは撮影時点にお店にあったものなので、もしかしたら売れてしまっているやもしれません。気になった方はお店へどうぞ。