どさんこカメラ

北海道各地で撮った写真を掲載します。

「バター飴」にまつわる話。

生チョコにチーズケーキ、バウムクーヘン‥ スイーツ王国北海道のおみやげを挙げればきりがありません。 しかし、甘いものがそんなに多くなかった時代。 北海道のお土産の定番といえば「バター飴」。 そんな時代がありました。 とはいうものの、当の僕も北海…

小平町の臼谷漁港でタコを買う。

今年の夏は本当にどこにも出かけませんでした。 外は怖い。 暑い部屋の中で朦朧としながら眺めるスマホから流れる暗いニュース。 8月のある日、親戚から、 「お盆はどうせお前、ヒマだべ。ちょっとこっちに手伝いにおいでよ。」 という電話があり、やむなく…

「北の無人駅から」というノンフィクション本がすごく面白い。

手に取ってみて驚いた。厚さ4センチになろうかという分厚い本だ。 タイトルは『北の無人駅から』 北海道の6つの無人駅を題材にしたノンフィクションだが、なにも鉄道マニアだけを対象にした内容では無い。 駅というのは不思議な場所で、そこから物語が生ま…

また食べたい札幌のスパイスカレー店を妄想

まだまだ外食が難しい世の中ではありますが、まだ世界が平和だった時代に僕が好きだったカレー屋さんを紹介したいと思います。 たびたびこのブログにも書いてますが、スパイスカレーが最近好きでして、札幌にはスープカレーのお店はいっぱいあるんですが、も…

小林先生の『恐竜まみれ』で発掘に行こう!

北海道大学教授・小林快次氏(以下小林先生)の「恐竜まみれ」を読んだのでご紹介。 著者である小林先生は日本を代表する恐竜研究者の一人です。 知らない人のために経歴をざっくりと以下に。 小林先生は福井県出身で、現在は北海道大学総合博物館教授&館長…

その女、イザベラ・バート~『日本奥地紀行』はタイムマシン~

日本人は畳を非常に誇りにしている。 だから心ない外人たちが、汚れた靴で畳の上に踏みこむようなことがあればたいそう困ってしまうのである。 不幸なことだが、畳には無数の蚤がついている。 〈イザベラ・バート著 『日本奥地紀行』より〉 こういった言い回…

LINEの木彫り熊スタンプをよろしくね。

木彫り熊ファンのみなさんお待たせしました。 友人がLINEの「木彫り熊スタンプ」作りましたんで、この場をかりてお知らせします。 スキー熊、熊マスク、ウイスキー熊など、木彫り熊好きなら常備しておきたいスタンプが満載となっております。 はたしてこ…

北海道初とか最古の○○がやたら函館に多い。

北海道で一番歴史があるのは札幌かなー、 と思ってる人も多いけど、そういうわけでもない。 地理的に当然だけど本州に一番近い辺りからだんだんと文化的なものが浸透していって、港もできて海外の文化も真っ先に押し寄せる。 なので明治大正くらいまでは函館…

道民もいまいちわかってない?北海道の14振興局

「自分の住んでる町の振興局がどこかわからない」 そんな道民も多い(実感)ですね。 別に知らなくてもいいやーって方も、この頃の報道でなんとなく気になっているのでは・・・ というわけで、本日は北海道の振興局について書きました。 そもそも「振興局」…

おうちにいよう!当ブログで訪問したあのお店はコロナ禍で今・・・

みなさんおこもりしてますか。 自粛解除されてもウイルスの特効薬は存在しないので、自主的なおこもりがさらに重要になるのでは、と思う今日この頃です。 さて、皆さんのおかげで当ブログも開始から5年経過しようとしています。 そこで、今まで訪問したお店…