どさんこカメラ

北海道各地で撮った写真を掲載します。

北海道のハードパンを巡る旅~ニセコ奥土農場~

北海道のハードパンを扱うお店を淡々と紹介する「ハードパンを巡る旅」シリーズでございます。今回も実店舗ではなくネットでお取り寄せできる店を紹介しております。

 

奥土農場(ニセコ町)

 

というわけで今回ご紹介するのはニセコ町にある「奥土農場」さんのパンであります。

 



お店があるニセコ町はこのへんですね。ブログを読んでいただいてる道外の皆さまにもおなじみの地名ではないでしょうか。羊蹄山のお膝元です。

 

 

 

今回は奥土農場さんの「ライカンパーニュ」「ぶどうとクルミパン」を購入しました。

 

まずはライカンパーニュ

ライカンパーニュのパッケージ。

「奥土農場直送便」とローマ字でつづられてるのが80’sっぽくてエモいっすな。

 

中身。何やら外側につぶつぶが付いております。

ちなみにこのお店ではパンに使う野菜を自家栽培していて、ライ麦も自分で作ってるんだそうです。素晴らしい‥

 

軽くフライパンでトーストしてから食べました。

 

どうやら「キャラウェイシード」というスパイスが使われているようです。

こういつやつですね ↓

神戸アールティー キャラウェイシード 100g Caraway Seed キャラウェイ 原型 ヒメウイキョウ スパイス 香辛料 製菓材料 業務用

 

ザワークラフトとか本格的なパンとかにはよく入っているのですが、あまりなじみがないのではないでしょうか。

ほのかな甘さと爽やかな風味のスパイスですが、普段食卓に出てこないタイプのスパイスなので、好き嫌いは分かれるかもしれません。

逆に言うとキャラウェイシード好きにはぜひ食べていただきたい。

ちなみに僕は好きです。もちろんこのパンも。

 

チーズとかお肉と一緒にサンドイッチにすると、キャラウェイシードが具の強い匂いを緩和してくれると思います。そのまま食べてもおいしいです。

 

 

 

お次はぶどうとクルミパン

切ったとこ。

甘さにはハチミツを使っていて、あとはレーズンの甘さ。

甘過ぎなくてちょうどいい、毎日食べたいパンであります。

両面を軽く焼いてもおいしいです。

 

あと売っていなかったのですが、「開拓者のパン」とか八列とうきびを使ったパンなんかもあって、平和になったらお伺いしたいお店の一つです。

 

 

 

 

パンは奥土農場さんのホームページで通信販売で購入することができます。

https://www.okutsuchi-farm.com/kakaku_201108.html

(春・秋など農繁期は時間がかかるかもだそうです)

ちなみに、きたキッチンオーロラタウン店、きたキッチン新さっぽろ店、きたキッチン旭川店でも曜日ごとに店頭で取扱いがある場合があります。

詳しくは奥土農場さんのホームページでご確認くだされ。

 

 

赤平市がロケ地の「ドライブ・マイ・カー」を観るなど。

ドライブ・マイ・カー インターナショナル版

そもそも邦画が嫌いだし、村上春樹のファンでもないのだけど、北海道で撮影された映画がアカデミー賞やらカンヌ国際映画祭で受賞しまくっていたら見ないわけにはいかないでしょう。

というわけで村上春樹原作、濱口竜介監督の「ドライブ・マイ・カー」を観ました。

あらすじは、愛していた妻が実は浮気をしていて、主人公はとても傷つくんだけど、あるドライバーの女性と出会う事で主人公はだんだん変わっていく。というなんとも村上春樹っぽいおはなし。

どうせ洒落た音楽にいくつかのベットシーンがついたおしゃれ系映画なんだろうと思ったら違いましたね。

まず登場人物の演技がへたくそ、と思ったのですが、これは監督の思うつぼでありました。登場人物たちはわざとセリフを棒読みにしているわけです。映画の中では「ワーニャおじさん」という劇が演じられるのですが、劇を指導する立場の主人公は、ワーニャおじさんのセリフに関しても、役者たちに感情を入れずに読むよう指示します。

作中のセリフも棒読みが多いし、作中劇のワーニャおじさんでも棒読みが多くなる。そこで何が起こるかというと、感情を排除し「言葉の意味」だけが浮き彫りにされるわけですね。

この映画を見終わった後、あんまりおもしろくなかったなあと正直思ったのですが、その後僕に何が起こったかというと、シャワーを浴びるとき、歯を磨くとき、というふとした瞬間に映画のセリフがじわじわと自分の中で浮かび上がるようになり、映画が何を伝えたかったか、というのがホッカイロの温度のごとくじんわりと伝わってきました。

つまり、映画を見てしばらく後になってから、とてもいい映画だったなと思ったわけです。こういう映画は初めてですね。

海外での評価がめちゃ高いのは、日本語が母語でない者が受け取るセリフが、監督の思惑よりさらに感情を排したものだったからじゃないでしょうかね。

そういう意味では日本語話者である自分は日本語の縛りから解放される時間が遅いので、見た直後はあんまりおもしろくなかったのかもしれない。

今は何でも感情的で時間的に短いものがもてはやされるんで、「長いなー」って感じるシーンはカットされがちなんですが、この映画はそんなのお構いなし。

言葉の持つ「意味」をこちらが理解するまで時間をかけて訴えてきます。

それに向き合える方は見る価値があるのではないでしょうか。

ちなみに3時間近くある映画ですが、北海道で撮影されたシーンはわずか10分ほどしかありません・・。

しかしロケ地に選ばれた赤平市はそれで大変元気づけられたみたい良かったです。

 

 

 

春なのに大腸検査ですか

※タイトル通りシモの話を含みます。春なのにごめんね。

 

ここ数年、腸がシーンとしておりまして、ほんとに機能してるの?というぐらいシンとしています。ずっと無言みたいな。

時々おこすリアクションといえば、わずかばかりの「小石」をカラーンコローンと落とすのみ。ウサギさんじゃねえんだぞ。

 

そうかと思えば会社が休みの日を見計らったかのように、日頃の鬱憤を吐き出し罵詈雑言を垂れ流すかのような状態になってしまいます。

おかげで休日はトイレにて腸の愚痴を聞いてやらねばならず、あらもしかしたら流行りの風邪じゃあないでしょうね、という心配を誘引したり、せっかくの休日が台無しです。

 

ハイとローを繰り返す情緒不安定な僕の腸。

ツイッタではタイムラインが桜で埋まり始め、春の予感。まあ、季節の変わり目ですからそんなこともありますよね。

 

 

 

と思っていたら便潜血検査で引っかかってしまい、大腸カメラで検査することになってしまいました。

入れるんですか?大腸に、カメラを。

胃カメラで前日何も食べてはいけないように、大腸カメラは腸に何も残してはいけないんですってよ。数日前から消化に良いものをとり、腸の中を下剤で全部出すのですよ・・・。

 

 

これは病院で買わされた大腸カメラ前日のお食事セット(1日分)

f:id:tamayoshi:20220406111522j:plain

中身

f:id:tamayoshi:20220406111719j:plain

 

f:id:tamayoshi:20220406111731j:plain

 

f:id:tamayoshi:20220406111738j:plain

 

おやつ

f:id:tamayoshi:20220406111744j:plain

 

夕食

f:id:tamayoshi:20220406111757j:plain

 

小食か!!

調べたら1,000㎉くらいでした。仕事しながらはつらかった。

 

ちなみに先に言っとくと、検査結果は大丈夫でした。

 

 

 

白い食事

このほかにも念のため3日前くらいから「お粥&うどん&豆腐」という真っ白な食事をしておりました。

消化に良い食事を「低残渣食」っていうらしくて、繊維質のものをさける食事ですね。普段は健康にいい野菜も、野菜の皮が腸に残っちゃうんでダメなんですってよ。

普段は食物繊維もりもり、野菜もりもりの食生活をしているので、普段通りの食事をできないストレスが一番大きかったです。

 

 

低残渣食の際、便利だったのが常温保存できる豆腐

常温保存できるという点も素晴らしいのですが、なによりおいしいんですよこれ。

原料の大豆はアメリカかカナダ産です。普段は北海道産のじゃないと食べないんですが、おいしいんでこっちにシフトしています・・・。

 

 

うどんは「丹念仕込み」一択。

うどんが好きじゃないのですが、これだけは美味しいと思います。

 

 

おかゆもレトルトパウチが便利ですが、土鍋からつくったお粥のほうがうまいです。

 

決まったものしか食べられないのはストレスなので、できるだけおいしいものをそろえた方が良いのだな。という印象でした。

 

 

 

思ってたより下剤飲める

それで当日は2リットル近い下剤を飲むわけですけど。

f:id:tamayoshi:20220406134414j:plain

事前にツイッタで検索しますと

「まずすぎ」「まずくて全部飲めない」「無理」などが散見されだったのですが、

味は甘すぎるポカリス〇ットみたいな感じでジュースっぽかったです。

下剤にも色々種類があるみたいで、ものによってはまずいんでしょうかね。まずいって言った方が注目されるんですかね。知らんけど。

でも甘すぎるので後半は「まだ飲むのか~」って感じでした。

 

下剤を飲んでから№2が透明になるまでトイレに通わなくてはいけないんですが、

白い食事が良かったのか2回目くらいで合格ラインにいきました。

 

 

 

 

たぶん大丈夫です

「とりあえず大丈夫だけど経過観察でたまにカメラしてね、あと不調は他の臓器のせいかもしれないから」というすっきりしない回答で、とりあえず大腸は大丈夫(半泣き)。日ごろの腸の情緒不安定さの原因は結局わからず。

 

検査で辛かったのはケツ穴が永遠の痔かな?というくらい痛かったのと、カメラが通る場所によっては腹が破裂するんじゃないの!?という痛み。それ以外は我慢できました。

大腸カメラ百戦錬磨の会社のおじいちゃんによると、「痛いか痛くないかは医者の腕しだい」だそうです。

麻酔という選択もあったのですが、車の運転ができなくなっちゃうんでしませんでした。こういうご時世なんで、なるべくバスや地下鉄は乗りたくないので。

でも次やるときは麻酔しようかな・・・

 

 

病院の桜の木。

蕾すらまだないです。雪はほとんど溶けました。

f:id:tamayoshi:20220406150018j:plain

 

北海道はまだ春というより「季節の変わり目」ですかね。

皆さんどうぞご自愛ください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

きのとや東苗穂工場直売店で限定シュークリームを買うなど

札幌に本社を置く「きのとや」

東苗穂工場直売店に行ってきましたー

 

 

 

 

さっそくですが外観を撮り忘れてしまいました‥

こんな感じの黄色い建物です

酷い絵でお伝えします

f:id:tamayoshi:20220321172123p:image

タイガース好きな人みたくなってますが、実際は黄色い柱が目印の小洒落た店舗です。

住宅街にあるのでかなり見つけにくいですよー

 

f:id:tamayoshi:20220317225959j:plain

お店の横の事務所の写真はなぜかちゃんと撮っていたのに‥。

 

 

 

ファクトリーシューを買いに

本日のお目当ては工場直売店限定ファクトリーシュー であります。

焼くのに失敗したシュー生地を使ったシュークリームです。いかにも直売所ならではの商品って感じですね。

 

きのとやの各店舗には限定メニューがそれぞれあるのですが、限定と言いつつ実は他の店と共通したメニューもあります。例えば空港のきのとや限定メニューの「焼き立てチーズタルト」は実は琴似店に行けば食べられるわけですね。

でもファクトリーシューはこの東苗穂工場直売所店でしか買えないのですよ。

 

それではお店に入ってみましょう。

 

入ってすぐケーキのショーケース

f:id:tamayoshi:20220317230009j:plain

おなじみのバウムクーヘンもあります。

f:id:tamayoshi:20220317230138j:plain

クッキー類も販売しています。

f:id:tamayoshi:20220317230005j:plain

 

 

さてこちらがお目当てのファクトリーシュー であります。

12時から販売開始なのですか無事購入できました。

f:id:tamayoshi:20220317230013j:plain

どのへんが焼き方に失敗したのかわからない立派なシューです。

 

 

f:id:tamayoshi:20220317230019j:plain

断面。これでもかとクリームが入っております。

 

生クリームとカスタードが入ってボリュームがあります。

毎日12時から数量限定で販売されているのですが、平日に行けばだいたい置いてある気がします。ただし土日は無いと思った方がいいです。

 

ちなみに東苗穂工場直売店にはもう一つ、「エルムのかけら」

という限定メニューもあるのですが、こちらは入手できませんでした。

エルムのかけらは、きのとやの定番商品「エルムの森」というパイ菓子の切れ端なんだそうです。こちらもいかにも工場直売って感じがしていいです。

ちなみに「エルムの森」は1枚183円。「エルムのかけら」はエルムの森が8枚相当入って324円なのでめっちゃお得です。

そんなに食べるのか?という疑問はさておき・・

 

というわけでお近くにお越しの際は、限定メニューなどゲットしてみてはいかがでしょうか。付近は住宅街でわかりにくい場所なので、通行には充分お気を付けください。

春先は雪解け水で水没しそうなくらい道路が悪いですよー。

 

 

 


お店の情報

きのとや東苗穂工場直売店
住所:札幌市東区東苗穂5条3丁目7-36(中通り北向き)
駐車場  :15台
営業時間 :10:00~18:00
休業日   :1月1日

 

 

 

北海道のチョコレートを巡る旅「ロッテ YOIYO厚岸-立冬-」

f:id:tamayoshi:20220316195508j:plain

天下のロッテ様から北海道にまつわるチョコレートが発売されております。

その名も「YOIYO厚岸」日本のクラフト酒チョコレートであります。

 

こちらはロッテと「厚岸蒸留所」とのコラボレート商品です。

 

厚岸蒸留所とはなんぞ?

そもそもコラボ先の「厚岸蒸留所」ってなんですか。って話なんですけど、その名の通り北海道厚岸に誕生したウイスキーの蒸留所です。

北海道でウイスキーといと、余市にあるニッカウヰスキーが思い浮かぶと思うんですが、実は2010年代に入って厚岸にも新しい蒸留所がつくられました(ニッカさんとは関係ありません)

で、厚岸蒸留所は2016年に蒸留を開始、2018年に初めてウイスキーを発売しております。

発売するやいなや、世界的な品評会であるインターナショナル・スピリッツ・チャレンジやらワールド・ウイスキー・アワードなどで賞をとりまくるという快挙を上げています。

 

当ブログでとっくに紹介していてもいいはずの厚岸蒸留所さんは、僕が飲み会が無くなったのをいいことにお酒を辞めてしまったため紹介されていません笑

行ってもいない場所や現物がないものをブログで紹介するのも嫌だし。

 

ちなみに厚岸がどこかわからんという方、このへんにあります。牡蠣が名産のとこです

札幌から車で7時間くらいっすかね・・・

 

f:id:tamayoshi:20220316202040j:plain

 

 

 

 

さてチョコレートです

チョコレートの中に厚岸蒸留所のウイスキーが入っている仕様。

f:id:tamayoshi:20220316195508j:plain

パッケージがしゃれております。

 

f:id:tamayoshi:20220316202419j:plain

中身はいたって普通のチョコレート。

不二家のルックチョコを彷彿とさせる何のへんてつもない外見です。

 

f:id:tamayoshi:20220316202423j:plain

断面。

おお、溢れんばかりにウイスキーが入っています。ウイスキーの香りすごい。

 

ではひとくち。

うーむ、徐々に色濃くなる冬のように厚岸モルトのコクのある甘みも一層深まっているな・・・(メーカー資料より)

アイスと一緒にたべるのもおすすめだそうです。

ウイスキーがおいしいので、個人的にはもう少しチョコレートの甘味を抑えてほしかったですね。

アルコール分は4.1%ありますんで、お子様やお酒に弱い方はご遠慮くださいませ。

 

 

ちなみにパッケージのおしゃれさとは裏腹に、サイズはスーパーで売っている普通のチョコレートと変わりません。以下スマホとのサイズ比較

f:id:tamayoshi:20220316203920j:plain

でもまあ、10個とか4個でセット売りされているので(1個単位では売ってないんですよ)、ちょっとお世話になった方へ配っちゃうのもアリかもしれませんね。

めずらしいけど高級チョコレートではないんで気を遣わせなくちょうどいいんじゃないでしょうか。

ロッテのオンラインショップで購入できます。

 

 

 

厚岸蒸留所さんのHPはこちら

akkeshi-distillery.com

 

 

 

 

北海道のチョコレートを巡る旅「パティスリーアサカ」

f:id:tamayoshi:20220316185957j:plain

今回ご紹介するのは札幌市の「パティスリーアサカ」さんのチョコレートでございます。

 

 

パティスリーアサカさんは2019年に開店したケーキ屋さん。

以前当ブログでもご紹介しております。ケーキはこんな感じでとてもおいしいです。

f:id:tamayoshi:20220316191232j:plain

 

 

 

で、ケーキがメインのお店なんですが、チョコレートもあなどれないラインナップとおいしさなのですよ。

 

 

数種類あるチョコレートから今回はこちら「ショコラ・オ・フィグ」のご紹介です。

f:id:tamayoshi:20220316191510p:plain

 

f:id:tamayoshi:20220316190001j:plain

5個入りですが半分以上わたくしが食べてしまっております。

 

f:id:tamayoshi:20220316190005j:plain

断面。

外はパリッと中はしっとりのガナッシュです。

フィグという名の通り、イチジクが入った変わり種です。イチゴも入っています。

ビターなチョコにイチジクの薫りがふわり・・・・

 

 

ご夫婦で経営されているお店なんですが、お二人とも名店で修業を重ねたプロであります。奥様の接客がとても良いお店です。

ここ数年で開店したケーキ屋さんでは接客と味がトップクラスなんじゃないでしょうか・・。ふつうはだいたいどっちか欠けちゃうんですけどね。

 

 

チョコレートの話に戻りますが今回ご紹介した「ショコラ・オ・フィグ」は1500円くらいだったかなあと思います。

他のチョコレートは記憶しているだけで、ボンボンショコラ、トリュフチョコ、紅茶のチョコもあったと思うのですが、お値段が1000円前後なので全種類制覇するのはまだまだ先になりそうです。

 

 

コロナ禍でお店も、そして我々お客さんも大変なんですが、個人経営の優秀なお店はなんとか応援したいですね。

 

 

 

 

 

パティスリー ショコラトリー アサカ
札幌市中央区大通西17丁目2-1大久保ビル1F
 
営業時間/ 11:00 ~ 19:00
定休日/月曜・火曜・水曜(不定休)


※冬と春先は雪で駐車が困難だと思うので公共機関で行った方がいいと思います。

 

 

除雪道具を紹介してみる

今年の雪はほんとに多かったですね。

JRもバスも車も走れない状態になったのは初めてです。

1日に3回雪かきをしたり・・・

 

 

一口に雪かきといってもいろんな種類の道具があります。

 

f:id:tamayoshi:20220217220602j:plain

f:id:tamayoshi:20220213163745j:plain

f:id:tamayoshi:20220217220622j:plain

f:id:tamayoshi:20220217220614j:plain

f:id:tamayoshi:20220217220634j:plain

 

 

f:id:tamayoshi:20220217220648j:plain

 

はい。

最近やってる「モンハンライズ」の影響でした笑

最近は狩猟より「先人の遺物」探しに夢中です。

 

 

 

 

ちなみに実際の道具はこんな感じ。

f:id:tamayoshi:20220228211639j:plain

これがジョンバです。

普通は「雪かき」というとこれを指します。

写真右のように、最近は柄の部分をまげて持ちやすくした商品もあります。

 

 

 

f:id:tamayoshi:20220228212049j:plain

こちらはスノープッシャーの現物。

 

 

f:id:tamayoshi:20220228212128j:plain

こちらはママさんダンプ。赤が定番ですが最近はカラフルです。

 

 

ホームセンターではこんな感じで実際の使い心地を体験できるようになっています。

大きければ雪をたくさん積めるのですが、それに比例して重くなるんで使い勝手は悪くなります。

f:id:tamayoshi:20220228212210j:plain

 

他にも雪庇(せっぴ)を落とす道具やら、氷を割る道具やらがあって冬のホームセンターは楽しいです。

氷割り ガン太 CS

 

 

 

 

 

 

 

 

今年は(2021~2022年)例年にない大雪に見舞われまして、ホームセンターで雪かき道具が品切れするとい事体が発生しました。ここまで酷いのは初めてですね・・。

 

ジョンバの先端は壊れやすいのですが、北海道のホームセンターでは先の部分だけ売っていることが多いのでまるごと交換しなくても大丈夫です。

どんな冬になるかはわかりませんので、壊れてしまったら早めに交換しましょう。

 

 

サウンドジェニックでスマホと繋がらない場合(レンダラーが見つかりません)に困っている人へ

連日の雪かきお疲れ様です。

皆さんお元気でしょうか、僕はなんとか生きています。

 

今回はアイ・オー・データ機器の「サウンドジェニック」とスマホがつながらなくて困っている方への記事です。

 

普段のブログ趣旨と全然関係無いのですが、タイトル通り1週間くらいコレで困って、結構高い買い物だったのに失敗したかもしれないと落ち込んでいたので、もし同じ悩みで困っている人の目に留まりますように・・・という気持ちで書きました。

(次回から通常更新に戻りますのでご心配なく)

 

 

レンダラーが見つかりません

この記事にたどり着いた時点でわかっていると思うので、細かい説明は省きます。

今回のシュチュエーションは、サウンドジェニック内の音楽をスマホに入れたアプリfidata Music Appで操作し、イヤホンで聞くというもの。

DACやプレーヤーで困っている方の役には立ちません。

 

さて、スマホ→イヤホンで聴く場合、公式の手順では

1アプリ(fidata Music App)を起動する

 

2サーバーに「HFAS-xxxxxx」を選ぶ ※ xxxxxxには6文字の英数字。

 

3レンダラー(プレーヤー)を選ぶ

 

4再生する

 

というめちゃ簡単な操作なのですが、この時「レンダラーが見つかりません」というメッセージが出てそれより先に進め無くなってしまいました。

 

このメッセージが出た場合、オンラインマニュアルによる対処法としては

・ネットワーク構成が正しいことを確認(レンダラーとスマホが同じルーターにつながっているかなど)。
・スマホの機内モードをオンにして10秒待ってから解除。
・fidata Music App を再起動させる。
・レンダラーを再起動させる。
・USB接続をやり直す。

という指示があったのですがどれもだめ。

 

そこで別のページを見ていたら解決しました。

どうやらスマホがレンダラーとして選択されていないようです。

以下手順。

 

 

1.メニューをタップする

f:id:tamayoshi:20220212145800j:plain

 

 

2.[fidata Music App 設定 ]をタップする

f:id:tamayoshi:20220212150142j:plain

 

 

3.[メディアプレーヤー]を有効にする

f:id:tamayoshi:20220212150854j:plain

 

これでスマホををレンダラーとして選べるようになりました。

 

この後はふつうにアプリで楽曲再生できるようになるはずです。

 

 

どこにも出かけられないのでひたすらCDをリッピングしています。

ハイレゾ対応なのでいつかそういうのも。と思わなくもないのですが、そこまでお金もないので・・

スマホを経由してイヤホンとBluetoothスピーカー接続という、オーディオファンに怒られそうな使い方をしていますが、スマホから音楽が聴きやすい環境になったので満足しています。

 

札幌出身の画家、田中ラオウさんの絵がすごい事とか最近の粘土事情とか。

田中ラオウって画家がいるんですけど、めっちゃいい画なのでご紹介したいなと思ったんですが、当ブログは無断転写はしない主義なのでみなさん各自で検索してください。

 

最初ラオウさんを知ったときはただの似顔絵世界チャンピオンだったのですが(失礼)、最近観てみたらすごい日本画家になっていて勝手に感動していました。

てか似顔絵も描くのはめちゃむずかしいもので、見たらわかると思いますけどラオウさんの似顔絵はその辺の自称似顔絵作家より千倍くらいすごいんですけどね。

 

田中ラオウさんの名前を知ったのはいつのことか忘れましたが、なんかふざけた名前なのと、北海道出身という事で記憶に残っております。

 

 

 

栗谷川健一さんとか北海道造形デザイン専門学校とか

むかしむかし、札幌には北海道造形デザイン専門学校というデザインの専門学校があったのです。

すでに廃校になっているんですが、ラオウさんはこの学校の出身であります。

 

ちなみにこの学校は岩見沢出身のグラフィックデザイナー栗谷川健一さんが設立した学校です。栗谷川さんはデザイン界ではめちゃ有名な方で北海道の観光ポスターを多く手掛けた方ですね。

さっぽろ雪まつりや札幌オリンピックのポスター作品も多いので、その年代の方は絶対見たことあると思います。「北海道デザイン界の父」とまで呼ばれた方ですねー。

↓こんな感じの絵です

↓この動画が分かりやすいですね。アイヌを多くモチーフにした方でもあります。


www.youtube.com

 

 

 

話をラオウさんに戻しまして、さっきも書きましたけどラオウさんは似顔絵世界一にもなった方であります。

正確にはカリカチュア似顔絵という技法の第一人者です。

 

カリカチュアとはなんぞ?といいますと、似顔絵の一種ではあるんですが、顔の特徴ひどくを誇張した(時には皮肉も込めて)似顔絵の一種です。

↓がラオウさんの作品。


www.youtube.com

 

どっかで見た事あるな?と思った方は、もしかしたら「ヒルナンデス!」で観たのかもしれませんね。ヒルナンデスでもイラストを担当されています。

 

↓それで、ラオウさんが描いてる日本画が冒頭に出てくるトラですね。いいですね。ほしい。


www.youtube.com

 

ラオウさんの絵の販売はこちら

Rao Uno Store

 

 

あの・・けっしてラオウさんの回し者ではないですよ。

 

 

そういや北星鉛筆も北海道に関係ある

話は再びそれまして、以前どこかでラオウさんが推してた鉛筆とおんなじ鉛筆を使っておりました。

それがこの北星鉛筆「大人の鉛筆」であります。

こちらは僕も以前から愛用しておりまして、家の筆記用具は全部これにしちゃおうと思ってこないだ2本追加で買いました。

なんというか、シャーペンの様な鉛筆です。

中に鉛筆の芯が入っているのですが、シャーペンのようにノックすることで芯が出てきます。

しかも鉛筆ではないくせに「鉛筆削り」がついています。

f:id:tamayoshi:20220106202241j:plain

書き心地も良いです。

僕はシャーペンのカキカキした感じ(紙と芯がこすれる感じ)がすごく嫌で、かといって鉛筆は削らなくてはいけないので不便だと思っていたので、この「大人の鉛筆」がたいへんしっくりきます。

勉強とか製図して人に伝えないといけないときは大変役立ちます。

 

この「大人の鉛筆」を作ってるのは北星鉛筆という東京の会社なのですが、どうやら北海道にも御縁がある様子。

以下北星鉛筆さんのHPより抜粋。

”北星鉛筆株式会社は昭和26年設立の鉛筆製造会社で、私で5代目になります。

杉谷家の先祖は、徳川幕府に書記(祐筆)としてつかえていたと伝え聞いております。
徳川幕府解体後は、屯田兵として北海道に渡り、鉛筆の板「スラット」を製造する会社を設立して全国に販売していました。
(中略)
その後、関東大震災で経営の行き詰った鉛筆製造会社を引き継ぎ、現在の地に会社を設立しました。”北星鉛筆株式会社ー会社概要http://kitaboshi.co.jp/company/

 

「スラット」というのは鉛筆の木の部分ですね。

スラットに溝を入れて、そこに鉛筆の芯を入れて2枚のスラットを圧着。それを削り出すことで鉛筆ってできるんだそうです。

北星鉛筆さんは木材が豊富な北海道で、材木商として力を蓄えて東京へ進出したそうです。

 

ちなみに鉛筆を作る際に出たおがくずから生まれた粘土「もくねんさん」も同社から発売しております。

粘土なのに乾燥させると木のような質感になり、彫刻刀で削ることも可能だそうです。どういうこと??

紙粘土と油粘土くらいは知ってますよ。小麦粘土もぎりぎり知ってるけど、おがくず粘土なんてものがあるとは・・・

他にもお米粘土とかシリコン粘土とか、最近の粘土っていろいろあるんですね。

 

 

 

北海道のチョコレートを巡る旅「久遠チョコレート」

愛知県に本店を持つ「久遠(クオン)チョコレート」が札幌にも出来たので行ってみました。

f:id:tamayoshi:20211225151347j:plain

実は久遠チョコレートの北海道第1号店は旭川にできていたんですが、さすがに旭川はちょっと遠いので札幌にお店ができたのは嬉しいですね。

 

 

札幌といってもお店があるのは月寒です。

ブランチ月寒という複合商業施設の一角にお店があります。

ブランチ月寒は2019年にオープンしまして、スーパー、クリニック、保育園などが一体化した施設です。

飲食店も数店入っていますが、主にお子さんがいるファミリー層向けの場所っぽい雰囲気があるんで行く機会も無かったんですよね。結構広いんで久遠チョコレートを見つけるまで時間がかかりました。

 

 

 

ブランチ月寒めちゃ寒い&広い

f:id:tamayoshi:20211227203525j:plain

ブランチ月寒のスーパー以外のお店は屋外の離れ的な場所にありまして、渡り廊下的なものを進んで移動するんですが、冬はまーー寒いですね。

店内マップを見ても良く場所がわからないと思いますが、とりあえず保育園側に移動して管理事務所側の廊下をたどると着くと思います。

 

 

こういう構造の建物で、廊下でお店が連結されてます。

ちなみに正面に見えるのが「久遠チョコレート」です。

f:id:tamayoshi:20211227203908j:plain

 

 

f:id:tamayoshi:20211227204509j:plain

こじんまりした店内はチョコレートの香りが漂います。

 

お店の看板商品である「テリーヌ」が、これでもかという種類が並べられていますので、商品選びがとても楽しい・・・

f:id:tamayoshi:20211225151347j:plain

テリーヌという名前ではありますが、柔らかいケーキではなく普通のチョコレートです。中にナッツやフルーツが入っています。

 

 

んじゃいろいろ買ってきたものをご紹介。

 

 

 

キャビアチョコレート ノアール

f:id:tamayoshi:20211227204700j:plain

f:id:tamayoshi:20211227204708j:plain

オシャレな缶を開けるとピカピカのチョコがぎっしりの素敵な光景。

チョコをキャビアに見立てるアイディアがしゃれてます。もちろん味も◎

 

 

 

フィアンフィアン

f:id:tamayoshi:20211227204716j:plain

f:id:tamayoshi:20211227204724j:plain

パッケージの割に中身が小さいな・・

こちらはチョコレートにサクサクのクレープ生地を入れたもの。

チョコのおいしさとサクサク食感がクセになります。うまい。

 

 

テリーヌ

f:id:tamayoshi:20211227204736j:plain

テリーヌの6枚入り。札幌店限定のチョイス6種類が入っています。

f:id:tamayoshi:20211227204743j:plain

テリーヌという名前ですが、「ナッツやドライフルーツをおいしいチョコレートで固めたもの」って感じです。

久遠といえばテリーヌなんですけど、人気の理由は種類がめちゃめちゃ豊富というのも少なからずあるでしょう。

パンフレットをご覧ください。これ見るだけでわくわくしますね。100種類以上あるとか。

f:id:tamayoshi:20211227204751j:plain

お店の中にもいろんな種類があってすごく迷いました。

中には季節限定、地域限定のものも。全部食べてみたいですねー。

 

 

店内のアイス

f:id:tamayoshi:20211227210640j:plain

店内ではなぜかアイスにチョコレートをかける体験?ができます。

注文するとアイスを渡され、店員さんの指導の元、チョコレートでアイスをコーティングできます。

 

f:id:tamayoshi:20211227210647j:plain

かじるとかなりの厚さのチョコであることが確認できました。

店内にイートインスペースは無いので、休憩スペース等自分で場所を探して食べてくだされ。

 

 

ちなみに久遠チョコレートはたくさんの障がい者の雇用の場にもなっています。

久遠チョコレートの運営はラ・バルカグループという法人なんですが、そこの代表の方が障がい者の所得改善のために力をいれていて、スタッフの7割が障がい者の方なんだそうです。

どこかのインタビューで読んだんですが、パン作りはビジネスとして成立させようとすると、やっぱり色んな種類のものを作らないといけない。

でも種類が増えると工程が複雑化してしまう‥

という問題があって、障がい者就労におけるパンづくりに、この方はジレンマがあったみたいなんですね。

確かに、食パンとクロワッサンの作り方ってもはや別物だし、パン屋の裏側って妙な緊張感がありますもんね‥(個人的体験)

その点、チョコレートは厳選された原料と、温度を守って溶かして固めるという作業をすれば美味しくなるので、ビジネス面でも働く人にとってもメリットが大きいんだそうです。

 

 

ともかく、久遠チョコレートはパッケージのデザインも良く、チョコレート自体も美味しいです。

お値段はそこそこしますが、チョコレート好きな方は自分へ、また誰かのおみやげとしてはちょうど良いと思います。