どさんこカメラ

北海道各地で撮った写真を掲載します。

北海道のすてきなもの

春を探しに

タイムラインに流れてくる桜を尻目に、北海道では時々雪のちらつく薄暗い日々が続いておりました。皆さんお元気ですか。 4月に入って数日たち、雪もほとんど溶けました。北海道もようやく暖かくなります。 というわけで眠りから覚めた僕は、春を探しに行って…

文化財の中にあるカフェ「和洋折衷喫茶ナガヤマレスト」がめちゃおしゃれ。

「旧永山武四郎邸」に来ております。明治初期に建てられた和洋折衷のおうち。 住んでいた永山武四郎さんは、第2代北海道庁長官を務めた明治時代のエライお方。 そして隣にはかわいらしいミント色のおうち。 昭和12年に建てられ、旧三菱鉱業の寮として使わ…

100年前の冬にタイムスリップ!冬の「開拓の村」もなかなか楽しい

野外博物館「北海道開拓の村」に行ってきましたよ。 ここは明治・大正時代に北海道各地に建てられていた建造物をまとめた野外博物館です。 54ヘクタールあまりの敷地に52棟もの建物が集まっています。 再現されたものもありますが、ほとんどが実際に使用…

イノシシは北海道にいない。ブラキストン線と北海道にいない動物の色々。

そういえばイノシシって北海道にいないのですよ。 僕も生まれてこのかた実際のイノシシを見たことがありません。 本州にはいるけど、北海道にいない動物っていうのはけっこう多い。 例えばクマ。 「ツキノワグマ」は北海道にいません。 逆に、北海道を代表す…

むかわ竜の全身骨格化石一般公開に行ってきた!!

むかわ町の胆振東部地震災害復興イベントとして、「むかわ竜」の一般公開があったので行ってきました。 「むかわ竜」について詳しくはこちら↓に書いています。 dosanko-camera.hatenablog.com 「むかわ竜」はむかわ町穂別地区で2003年に発掘された草食恐…

小樽の和光荘に行ったら想像よりすごかった【後編】

さて、大正浪漫を色濃く残す 小樽の豪邸『和光荘』を訪問しています。 あまりにも部屋が多いので後編であります。 前編はコチラ dosanko-camera.hatenablog.com 小樽の「北の誉酒造」二代目社長、野口喜一郎氏が莫大な財産を投資して建てた 大正時代の邸宅で…

小樽の和光荘に行ったら想像よりすごかった【前編】

小樽に『和光荘』という大正時代に建てられた洋館がある。 北海道の歴史的建造物については結構見てきたつもりだった‥‥‥が、 僕はこれほどまでの豪邸を見たことがない! おまけに外国人観光客にはまだ認知されていないらしく、観光客もまばらだ。 小樽の大正…

室蘭おすすめのおみやげ~良い意味で石みたいなクッキー~

室蘭のお土産を探しに 道の駅「みたら室蘭」に寄りました。 あまりパッとしたものが無いなあ・・と思っていると きらりと光るデザインのクッキーを発見 その名も「鐵(鉄)の素」 どんなクッキーなのか買ってみました。 なぜ鉄かというと、 室蘭市は「鉄のま…

室蘭のおすすめカフェ・海が一望できる「宮越屋珈琲MUTEKIROU」

海に面した町、室蘭市に来ています。 さらにその岬の・・ 海沿いあるカフェに来ています。 ここです。 宮越屋珈琲MUTEKIROU 「宮越屋珈琲」とは、札幌市に本店をおく北海道のコーヒーチェーン店。 利用されている方も多いと思います。 実は室蘭の、こんな岬…

むかわ竜に会いに穂別博物館へ。恐竜ワールドへの諸問題。

前回紹介した「むかわ竜」に会いに穂別博物館へ向かった。 むかわ竜について知り、ザ・パーフェクトを読み、発掘指揮者であるダイナソー小林こと小林准教授の講演会まで行った僕はもはや恐竜熱に浮かされていた。一刻も早く本物をこの目で見たかったのである…

北海道から発掘された「むかわ竜」がすごい

北海道のむかわ町穂別地区で発掘された恐竜がすごい。 発見されたのは2003年、現在まだ研究中の恐竜だ。 発掘されたその恐竜は、まだ正式名称がついていないので通称「むかわ竜」と呼ばれている。 ハドロサウルスという草食恐竜の一種とみられる。 ブログを…

B級感漂う「穂別地球体験館」が面白いぞ!!

むかわ町穂別に来ています。 札幌から車で2時間弱のこのへん。 今日は「地球体験館」という博物館に行ってみます。 地球誕生の歴史について学べる学習施設らしいです。 外見は普通の博物館。 (この中がB級の巣窟であることは、この時まだ知る由もなかった…

「まりも」って結局何なのか。

これはうちのマリモ。 友達が冗談で阿寒のお土産に買ってきたものを真面目に飼っております。 子どもの頃、マリモはケセランパサラン的な謎の生物に違いないと思っていました。 1玉1玉が意思思考を持つ生き物で、だから病気になったり死んだりするのだろう…

木彫り真骨頂!!「藤戸竹喜の世界」

札幌芸術の森美術館で開催中の『木彫家・藤戸竹喜の世界~現れよ。森羅の生命~』を見てきました。 藤戸さんの、木彫活動70年の軌跡を辿る展示です。 見た後は、生意気ながら「良いもの見たなあ」という満足感で帰路につきました。 木彫や工芸、アイヌ文化…

赤平アートプロジェクトで旧住友炭坑を見た。

いつも読んでるyokoyumyumさんのブログを読んでてびっくりしましたよ。 www.yokoyumyum.com 立入禁止の炭鉱施設でイベントやってるじゃないですか!! 普段は入れない!入りたい!! 炭坑のとこでアートっぽいことやるらしいという話は聞いていたんですけど…

日本唯一の馬具メーカー、ソメスサドルに行ってきた。

ソメスサドルというのは北海道の皮製品メーカーです。 もともと馬具を作っていた会社なんですが、今はバッグや財布などの皮製品をメインに販売しています。東京にも支店があるので聞いたことある人もいるかも知れませんね。 砂川市にあるショールームに行っ…

木彫り熊の展示を見に行った(札幌国際芸術祭)

札幌国際芸術祭のイベントで、木彫り熊の展示をやっていたので見に行きました。 札幌国際芸術祭は3年に1度開かれ、札幌市内各所で様々なアート展示やイベントが開かれています。 アートも芸術も興味はありませんが、木彫り熊が集結するとなれば話は別! さ…

世界一だった北海道のハッカ。

ハッカ。薄荷。つまりミントのこと。 ハッカもミントも同じものだ。 なぜミントだけではなく「ハッカ」という和名を持っているのかというと、そりゃそれなりに昔から自生している植物だからだ。2000年くらい前に中国から来たとか来ないとかいう話である…

阿寒に行ったらアイヌ料理を食べよう。

木彫り熊が欲しくて阿寒町のアイヌコタンに来ました。 久しぶりの阿寒ですが、温泉街はもはやゴーストタウンのようになっていて驚きです。 以前にも書きましたが「木彫の熊」が好きで、一体手元に置きたいなあと思いコタンを訪れたわけです。だってどこにも…

「木彫り熊資料館」に行ってきた。

「前回の記事で、アンティークショップに行った時のこと。 dosanko-camera.hatenablog.com 素敵な木彫り熊を見つけた。 普段の生活で、僕は木彫りの熊が好きなんですよね。言っても相手にされませんが、 ここでは言いたい。木彫り熊が大好きだ! 今では貰っ…

日本で初めて発掘された恐竜は、北大にいた。

北海道大学総合博物館です。北海道大学の構内にあり、無料で入館できます。 ここには日本人が初めて発掘し、名前を付けた恐竜化石が保管されています。 ではその恐竜とは何でしょう。 フタバスズキリュウ? モシリュウ? ではありません。 日本の恐竜発掘史…

北海道限定!「アイヌ語トランプ」で遊びながら覚えるアイヌ語。

「アイヌ語トランプ」という珍しいトランプがあったので買ってみました。 トランプの裏側は伝統模様・アイヌシリキの様なデザイン。 カードにはアイヌ語と、その発音がローマ字表記されています。 その下には日本語でその意味。それから、外国人にも意味が分…

【フラノマルシェ】でこんなの買ったよ。

富良野のお土産、農産物からワインまで、何でも揃う「フラノマルシェ」に行ってきたよ。 いつも大変混雑しているのでスルーしてたんだけど、しばらく見ない間に「フラノマルシェ2」まで建てられていた。 お土産をいろいろ買ったから、おススメできそうなも…