どさんこカメラ

北海道各地で撮った写真を掲載します。

日本で初めて発掘された恐竜は、北大にいた。

f:id:tamayoshi:20170312184001j:plain

北海道大学総合博物館です。北海道大学の構内にあり、無料で入館できます。

ここには日本人が初めて発掘し、名前を付けた恐竜化石が保管されています。

 

ではその恐竜とは何でしょう。

フタバスズキリュウ? モシリュウ? ではありません。

日本の恐竜発掘史は、ニッポノサウルスという恐竜から始まります。

 

1934年、その発掘と命名を手掛けたのが北海道大学教授、長尾巧でした。

日本の恐竜化石の産地といえば福井県ですが、最初に発見したのは北海道大学というのも不思議ですね。

 

 

ちょっと複雑、ニッポノサウルス

日本人が初めて発掘した恐竜にしては知名度が低いなあ。と思うのも無理はありません。

というのも、産地がちょっと複雑で、堂々と日本初の恐竜だ!!とは言えないからです。

ニッポノサウルスが発見されたのは、日本といっても当時日本領だった「樺太」でした。

樺太は、発掘中は日本領だったのですが、ご存知の通り、戦後はソ連の領土になってしまいました。

 

ニッポノサウルスの正式名称はニッポノサウルス・サハリネンシス(Nipponosaurus sachalinensis)といい、意味は「サハリンの日本竜」。

今になってみれば、なんとも皮肉なネーミングです。

 

 

1934年、北海道帝国大学(北海道大学の前身)、長尾教授のもとへ、樺太の川上炭坑(現シネゴルスク)の病院建設中に、化石が発見されたとの一報が届きます。

調査してみると恐竜の化石であることがわかりました。

前肢は発見されませんでしたが、3年後長尾教授は現地に向かい、再度発掘調査を開始。見事に前肢を発見します。

見つからない前肢を探すために、建設中の病院をわざわざ取り壊して化石を掘ったというからすごい。研究熱心というか、当時の北海道帝国大学の権力が垣間見えます。

f:id:tamayoshi:20170322202022j:plain

 

ニッポノサウルスの素晴らしいところは、ほぼ全身(およそ60%)の骨格が発見されたことです。発掘から90年近くたった現在でさえ、日本ではこれほど完璧な骨格はほぼ発掘されていません。

しかしながら戦前の成果だったせいなのか、長年ニッポノサウルスの研究は、ほぼ行われませんでした。

発見から100年近く経ち、最近になってニッポノサウルスは北大で再び研究される事になりました。その結果、亜生体(大人ではない個体)で、2歳か3歳であること、固有な特徴があることがわかっています。

亜生体であるという事は、ニッポノサウルスが新種であるか否かの断定が難しい事を意味します。

なぜなら体の特徴の中には、成体になると消えてしまうものもあるからです。(人間でも、赤ちゃんの頭骨は体に比べて大きいが、成人になると比率が変わるように)

そうなると待ち望まれるのは「成体」の化石なのですが・・・。

 

むかわ町の恐竜X

2011年、むかわ町穂別でニッポノサウルスと同種のハドロサウルス科の全身骨格が発見されました。発掘調査は進行中ですが、おそらく体重は7トン余り、全長7メートルほどとわかっています。はたしてこの化石は80年越しに発見されたニッポノサウルスの成体なのか?それとも別の新種の恐竜なのか??

近々真相がわかるはず。とても楽しみです。

※今のところ愛称は「むかわ竜」になりました(2018.5追記)

 

 

 

 

ニッポノサウルスはこんな恐竜。

さてどんな姿だったのかというと、ニッポノサウルスは正直地味な恐竜です。

ランベオサウルス科という草食恐竜。

ティラノサウルスのようにカッコいいとは言えないタイプですね。

f:id:tamayoshi:20170324234952j:plain

 平べったい口、頭にトサカがついていました。

体の色まではわかりません。もしかしたらトサカに模様があったかもしれません?

 

ニッポノサウルスと同じハドロサウルス科の仲間には、おなじみパラサウロロフスがいます。

アニマルプラネット MOJO 恐竜 フィギュア パラサウロロフス 5cm 塗装済み PVC APM387413

アニマルプラネット MOJO 恐竜 フィギュア パラサウロロフス 5cm 塗装済み PVC APM387413

 

 

ニッポノサウルスやパラサウロロフスなどのハドロサウルス科の恐竜は、くちばしの様な特徴的な口から、「カモノハシ竜」とも呼ばれます。

平べったい口で植物を口に入れ、歯ですりつぶして食べていました。食べた植物は口の中である程度消化できていたと思われます。

頭のトサカは空洞で、鳴き声を反響させていたとも考えられています。

 

 *

 

博物館のカフェ「ぽらす」の壁。

真ん中のがパラサウロロフスです。

f:id:tamayoshi:20170322211251j:plain

いちばん下のはデスモスチルスです。これもニッポノサウルスと同じく、1930年代に長尾教授が発掘と研究を行いました。デスモスチルスは恐竜ではなく哺乳類で、カバを優雅にしたような、ゾウを泳げるようにしたような姿をしています。

 

 

ここのカフェで「マンモスハンバーグ」(300g!)を食べました。

あじはふつう。

f:id:tamayoshi:20170322212015j:plain

メニューもたくさんあります。博物館の中にあって、ちょっと休憩にいいですね。

f:id:tamayoshi:20170322212124j:plain

 

こういう企画展をやっていたので見に行っていた。

f:id:tamayoshi:20170322211835j:plain

 一番左がニッポノサウルスを発掘した長尾教授。

実はこの企画展中だけ、ニッポノサウルスの本物の骨格標本が展示されていたんです。

普段、本物は収蔵庫の中に保管されていて、博物館に展示してあるのはレプリカなんだよね。

 

解説員のおじさまが、「もう私の生きてる間はニッポノサウルスの本物はお目にかかれないかもね 笑」なんて言ってたけど、ほんとに貴重。

しっかり目に焼き付けて博物館を後にしました。

 

 

 

 

 

 

 

 

博物館は無料で入れます。展示は化石などの古生物の他、科学、医学、など多岐にわたりますが、専門知識がないと難しい展示が多い印象。

特に化学は素人に説明する気がない展示ですね。まあ無料ですのでそこまでは求めませんが。

 

内視鏡で遊んだりできます。

f:id:tamayoshi:20170312183921j:plain

f:id:tamayoshi:20170312183916j:plain

 

 

 

 

博物館の建物は歴史ある北大旧理学部本館。昭和4年完成。

f:id:tamayoshi:20170312183937j:plain

f:id:tamayoshi:20170312184004j:plain

f:id:tamayoshi:20170312184008j:plain

 

おしまい