どさんこカメラ

北海道各地で撮った写真を掲載します。

北の歴史小説「静かな大地」を読んだ。

本屋でアイヌ模様の表紙が目に留まったので手に取ってみた。

静かな大地 (朝日文庫 い 38-5)

背表紙より「(中略)アイヌの人々の努力と敗退、栄華と没落をえがく壮大な叙事詩。」とな。

ああなんだ。またよくある感じのやつでしょう、と思って本を置きかけたら、著者は池澤夏樹じゃないですか。池澤夏樹好きだったかもしれないなあ。ということで購入。

 

 

いわゆる、面白すぎてどんどん読み進む本では無いです。

夜ごと語られる昔話の様な、時々送られてくる手紙の様な、ぽつりぽつりと続いていく、長い長いお話。そんな小説です。

淡路島から北海道へ入植した一族の、明治4年から昭和13年までの67年間。

それを、語り部を変えながら物語は進みます。

それは時に父の昔話であり、母の回想であり、弟への手紙であり、妻の随筆であり、ただの漁夫の話でもあります。

北海道の歴史やアイヌについて少し学んだ人なら、これらの語り手の話が、ばらばらな事を話しているようで、実は北海道の歴史を包括的に掴んでいることがわかると思います。

開拓初期から昭和にかけての、北海道の歴史が上手く物語と繋がっている。

開拓、農学校、砂金にニシン漁。自分の知っているワードが次々にパズルのように繋がり、物語になっていく。そういう気持ちよさがこの小説にはあります。

 

というのも、この小説はちょろっと北海道の歴史を調べて書かれたのでは無い。

著者の池澤夏樹さんは北海道出身。

この本は、北海道で開拓をしていた池澤さんの曾祖父をモデルにして書かれています。池澤さんは物語の舞台である静内に実際に行って調査と聞き取りをしています。そこで見つけた「静内町史」には曾祖父の写真も載っていたらしいです。

ご本人は曾祖父の話を高校生の頃に聞いたそうで、作家になってからこれは書かないわけにはいかない、と思ったそう。自分の先祖の歴史を知ることでもあり、そこからこの小説は肉付けされたのです。

巻末には、小説上のフィクションと史実を合わせた年表もついています。一緒に読むと、物語と歴史と、どちらも本当のような気がする。

話に厚みが出るとは、まさにこういう本のことを言うと思う。

 

 

お話のあらすじ。淡路島から北海道へやってきた宗形一家。三郎、志郎兄弟が、アイヌの少年オシアンクルと出会い、心を通わせていきます。
やがて成長した兄の三郎は、アイヌに育てられた和人エカリアンと結婚し、静内でアイヌと一緒に宗形牧場の経営に乗り出すけど・・。という感じ。

 

アイヌが和人の子を育てるのは、史実としてあったみたいですね。北海道に入植したはいいけどやっていけなくて、アイヌなら育ててくれるだろうという事で置いていくというのは実際に多かったみたいです。

宗形兄弟はまっさらな状態でオシアンクルに出会って仲良くなるわけですけど、

いつの時代も先入観を子供に植え付けるのは大人しかいないよなあ、と思いました。

以下ネタバレを含みます。

 

史実も織り交ぜて書くとハッピーエンドじゃ嘘になってしまうんで、この小説も史実よろしくバットエンドで終わります。ただ、アイヌと和人の関係が悪い結末で終わったわけではなくて、これはまだ過渡期である、「きたるべき未来」はまだ来ていないわけです。

その未来が、来なかったがために三郎は最期を迎えるわけです。ただ、三郎はその結末を知っていながら突き進むしかなかったように思います。

その結末というのは自分の死ではなく、来るべき未来のことです。熊の神が言った、「知恵ある和人とアイヌが手を取り合って踊る姿」がある未来でしょう。

もう充分戦った、諦めてもよいと言う熊神に、三郎が「では、安心して私はこのまま進みましょう」と言ったのは、自分が生きている明治時代より、もっと先の時代を見ていたからなのかもしれません。

 

巻末には本文とは別に、お話が2話載っています。

「熊になった少年」

「今はなき大地を偲ぶ島梟の嘆きの歌」

 これはアイヌ民謡風に池澤さんが創作した話。

この2話は、それぞれ3ページほどの短いお話です。しかし、このたった2話が、600ページに及ぶ歴史小説の「言いたい事」を全部説明してくれています。

読んだ人はわかると思いますが、この2話に全てが集約されていると言っていいでしょう。

 

与えられる以上に貪り、そこに残された大地。

最後の1話を読んで、小説のタイトルの意味に少し背筋が寒くなった。

北海道では今、イカ、サンマが稀に見る不漁です。だんだん、獲れなくなってきている。
その昔、ニシンもいなくなりましたっけね。

 

静かな大地 (朝日文庫 い 38-5)

静かな大地 (朝日文庫 い 38-5)

 

 

 

 北海道開拓がどんな風に進んだのかもわかります。

 アイヌを題材にした小説を探している人にも、お勧めしたい本です。