読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

どさんこカメラ

北海道各地で撮った写真を掲載します。

北国の冒険と美女の特権=「夏子の冒険」(函館市)

 

北海道が舞台の小説、三島由紀夫「夏子の冒険」を紹介するよ。

夏子の冒険 (角川文庫)

三島由紀夫といえばどんな作品を思いつくかな。

同性愛の葛藤を綴る「仮面の告白」、鬱屈した学僧が金閣寺を放火するまでを描く「金閣寺」なんかがおなじみ。

主人公が孤独、異端であるがゆえの葛藤を描いた小説が多いよね。

そして三島自身、切腹自殺をするという波乱の人生。

 

そんなイメージとはちょっと違う魅力を持つのがこの小説「夏子の冒険」。

主人公、松浦夏子は東京の良家育ち、二十歳のお嬢様。

このお嬢様が何を思ったのか東京を飛び出し、北海道でヒグマ狩りに行ってしまう。という冒険譚だよ。

 

夏子ってどんなコ?

夏子は大学在学中も引く手あまた、受けたプロポーズは数知れずという男子のあこがれの的。

ところが夏子は、どの男とも半分恋人のように付き合い、

どの男も半ば軽蔑し、半ば尊敬し、半ば愛する・・。実際はどの男のことも本気で愛していない。

 

これには夏子なりの理由があって、言い寄って来る男たちの中に

情熱を宿している男が一人もいないから。

ありきたりな出世欲を持つ男、モテるために「芸術」という言葉を汎用する芸術家、ペラペラの虚栄心の金持ち・・。そんな「情熱の欠如」を感じたとたんに、夏子は退屈で、つまらなくなってしまいます。

どの男も自分の人生の袋小路にしか見えないのです。つまらないものはつまらない。

 

 女の子特有の(全ての女性がそうではありませんが)、理論より感情で突っ走るという夏子の性格。そこに嫌みがなく、むしろ可愛げに見えてしまう三島さんの筆加減が素敵です。

 

そして重要なのは、夏子は自分で宣言した事は、どんなことがあっても譲らない。

テコでも動かない。という頑固な性格。

 

7歳の時には「もう ほうれん草を食べない」宣言をし、

15歳の時には「赤い洋服もう一生着ない」宣言をし、

宣言したことは実行します。

 

そしてついに、二十歳のある日「あたくし修道院へ入る」という宣言をしたのです。

 

 この時代は、大学が婚約者探しの場という面も担っていました。

つまらない男たちから想像される平凡、退屈な自分の未来に辟易し、

それならいっそ俗世を離れようというのです。

 

情熱を宿す男あらわる。

夏子は母、祖母、叔母の3人とともに上野駅から函館の修道院を目指します。

f:id:tamayoshi:20151220203929j:plain

 

 

しかし北海道へ渡る道中、猟銃をもった青年、毅に出会います。

その青年の目に、ただならぬ光が宿っているのを夏子は感じます。

f:id:tamayoshi:20151220203553j:plain

 函館山の山頂で、毅は恋人をヒグマに殺されたこと、北海道へはヒグマへの復讐をしに来たことを夏子に話します。

 

 

f:id:tamayoshi:20151220204248j:plain

 ヒグマに殺された恋人の復讐。毅の瞳の奥にある激しい怒り。

これこそ夏子の求めていた「情熱」だったのです。

毅の熊狩りに同行することは、夏子自身の情熱を追いかけること。

そしてお得意の宣言をします。

「ねえ、あたくしもつれていって」

 

ドタバタ3人組

修道院をほっぽり出して勝手に毅にくっついて行ってしまう夏子。

残された母、祖母、叔母の3人は大混乱。

とりあえず大泣きし、出口の見えない論争をします。

この3人組は小説の中では完全にコメディー担当になっていてます。

3人は世間知らずで大げさ、かなり図々しいブルジョア階級のおばさんたちですが、どこか憎めない。

ところどころ3人は登場するのですが、脇役の割に妙に描写が詳細だったりします。

読んでいるときっと、あーこいう親戚いるな・・と思うでしょう。

良くも悪くも祖母や叔母がとる行動あるあるが出てきたりして、笑いを挟んでくます。

しかしこの3人組を見れば、夏子を育てた環境がいかに退屈で、保守的なだったかがわかってしまうのです。

この3人組も加わり、

ヒグマを追う毅、毅についていく夏子、夏子を追う3人組。という奇妙な追いかけっこで物語は進行していきます。

 

夏子の変化

恋人を襲った熊への復讐に来ているというのに、夏子はそんな事情はお構いなし。

毅も夏子を何度か撒こうとするのですが、そこは夏子のほうが一枚上手です。

途中札幌で新聞記者を言いくるめ(そして惚れさせ)、電報作戦でおばさん3人組の追っ手を混乱させるなど大活躍の夏子。

勝ち気で行動的、自信に満ちた夏子の行動がぶれることはありません。

 

しかし物語の中盤、農場に滞在することになり、農場の娘、不二子の登場で

とたんに夏子の行動は揺らぎ始めます。

 

夏子はお嬢様育ちのため、裁縫や家事ができません。

そして甘やかされて育ったため、人への気配りというものが下手なのです。

ところが不二子は真逆で、よく気も利くし、裁縫もできる。毅の上着のほころびを縫ってあげたり、ひげを剃ってあげたりします。もちろんそこには女としての毅へのアプローチもあるわけだから、見ている夏子はたまったものではない。

しかし、私がやるからいいわ!とは、言おうにも、そもそも夏子にはできないのだから言えない。

滞在中夏子はずっとイライラします。しかしこれほど嫉妬するのは、ほかのたくさんの男と違って、本気で毅に「恋をした」証拠でもあるのです。

自分には無い物によって、大切な人が奪われるかもしれない不安。

夏子は生まれて初めて「自分に欠けている何か」を認識します。

 

 

ここから今まで台風の目であった夏子が、恋する女の子として描かれます。

勝気な性格は変わりませんが、初めて涙を見せる一面や、夏子自身の心理描写が多くなります。

毅のここにきゅんとする。的な描写もあり、恋を知らなかった夏子が、完全に恋をしている・・

 

 

夏子の冒険

f:id:tamayoshi:20151220220726j:plain

アイヌ古潭にいよいよ現れた、憎き宿敵「四本指の巨大ヒグマ」。

毅はヒグマを仕留めることができるのか。

そして二人の行方や如何に。

 

結末は書きませんが

 

 

最後まで、夏子は読者を決して裏切りません。

 

 

 

夏子の冒険 (角川文庫)

夏子の冒険 (角川文庫)