読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

どさんこカメラ

北海道各地で撮った写真を掲載します。

北海道のチョコレートを巡る旅「レオニダス(ココマメヤ)」

北海道チョコレートの旅 旭川市

「レオニダス」はベルギーのチョコレート屋さん。創業100年以上の歴史を持つ老舗なんだよ。

ベルギーチョコの中では結構お手頃な価格。とはいえベルギーから空輸されてくるので安いわけじゃないんだけどね。

 

北海道内のレオニダス直営店は旭川市にしかないんだよ。

f:id:tamayoshi:20161103195205j:plain

 

 

旭川市にある「フィール旭川」というビルの中にあるよ。

フードコートの一角にあるから、その場で食べることもできます。

f:id:tamayoshi:20161103195410j:plain

お姉さんにチョコを注文すると、量り売りで価格が決まります。

レオニダスは量り売りなのも特徴だね。

 

ここのレオニダスは「ココマメヤ・ミーツ・レオニダス」って名前。

ココマメヤは旭川市が拠点のコーヒー屋さんなんだよ。レオニダスとのコラボみたいな感じ。

f:id:tamayoshi:20161103195707j:plain

ココマメヤのコーヒーと、レオニダスのチョコ。

f:id:tamayoshi:20161103200027j:plain

左がジャンドゥジャ。右はノアゼットマスク。

あけたとこ。

f:id:tamayoshi:20161103200135j:plain

味は、すごく甘いよ。もう甘々。

いかにも海外チョコの風味がかすかにします。

甘い・・のに不思議とまろやかな甘味と後味がくせになる。ついつい食べちゃうね。

 

 

レオニダスでおすすめなのは、なんといっても「マノンカフェ」。

このチョコは秋から春までしか食べられない特別なチョコなんだ。

f:id:tamayoshi:20161103200809j:plain

中はこんな感じ。

f:id:tamayoshi:20161103200936j:plain

コーヒーが香るフレッシュクリームに、ヘーゼルナッツが入ってる。

これはね、店頭で食べないで持ち帰ったほうがいいかもしれない。

なぜなら食べる時の温度がむずかしい。タイミングを逸すると普通のチョコになっちゃうかも。

冷蔵庫から出して、ちょっと置いてから食べるのがおすすめ。

このフレッシュクリームがとてもうまくて、口の中でふわっとなくなっちゃうから。

 

例年10月後半くらいに日本にやってきます。11月に入ればほぼ間違いなく購入可能。

 

 

 

 

しかし旭川、駅は立派になったのに駅前はずいぶん寂しくなっちゃったね・・

f:id:tamayoshi:20161103201722j:plain

 閉店してしまった西武旭川店。

f:id:tamayoshi:20161103201827j:plain

ここで岩合光昭さんの写真展やってたのがつい最近だった気がするんだけどなぁ。

さみしいね。

f:id:tamayoshi:20161103202135j:plain

41年間おつかれさま。